アマン伝説―創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命

個数:

アマン伝説―創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年06月19日 19時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 382p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163762807
  • NDC分類 689.8
  • Cコード C0095

内容説明

アマンの創業者ゼッカの軌跡を追って、インドネシア、タイ、スリランカ、香港、シンガポール、そして日本へ。リゾートホテルの変遷を通じてアジアの戦後史を捉え直す画期的ノンフィクション作品。

目次

ジャワ島・スカブミへ
スリランカ 兄弟の庭
サヌールの夜 タンジュンサリとバトゥジンバ
三浦半島 ミサキハウスの休日
リージェントの伝説 バブルの夢の結末
スズ鉱山の島からリゾートへ プーケットの躍進
バリの原風景 ウブドの魔性
ライフスタイルの創出とアマンジャンキー
孤島リゾートとホスピタリティ
アジアンリゾートブームの舞台裏
日本人とアマンの夢
アジアンリゾートの今、そして未来

著者等紹介

山口由美[ヤマグチユミ]
1962年神奈川県箱根町生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。海外旅行とホテルの業界誌紙のフリーランス記者を経て作家活動に入る。旅とホテルを主なテーマにノンフィクション、紀行、エッセイ、評論など幅広い分野で執筆している。日本旅行作家協会会員。日本エコツーリズム協会会員。2012年、『ユージン・スミス 水俣に捧げた写真家の1100日』で小学館ノンフィクション大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界中のセレブを虜にするアマンリゾーツのルーツは日本にあった!? 創業者ゼッカの軌跡を辿りアジアンリゾート誕生の秘密に迫る。

始まりはアジアに誕生した一軒のリゾートからでした。モダンデザインに卓越したホテピタリティ、四十室なのに高級ホテル並みの料金。ホテルの概念を一変したアマンリゾーツは瞬く間に世界中のセレブを魅了しました。
アマンを創業し、二十五年にわたって率いてきたエイドリアン・ゼッカは、公の場には姿を見せない謎の人物です。それゆえか、アマンにはある噂が囁かれてきました。曰く「アマンのルーツには日本の旅館がある」。
本書では、インドネシアの名家に生まれ、ジャーナリストからホテリエに転身し、伝説のホテル・リージェントの設立に参画し、さらにアマンを創業するまでのゼッカの軌跡を徹底取材。若き日のゼッカが一九五〇年代に日本に滞在し、そこで体験した「ライフスタイル」が、後のアマンのコンセプトに決定的な影響を与えたことを突き止めます。
著者の山口由美さんは二〇一二年に小学館ノンフィクション大賞を受賞した気鋭の作家で、本作が受賞第一作。取材はインドネシアからスリランカ、タイ、香港、シンガポールまで広範囲に及び、リゾートホテルの変遷を通じて、アジアの戦後史を捉え直す画期的なノンフィクション作品となりました。
おりしも、本邦初のアマン東京の開業が二〇一四年に予定されています。本書では、日本にアマンを誕生させようと画策した人々の知られざるドラマも描かれています。伝説のリゾートホテルの真実の姿が浮かび上がる、まさにタイムリーな作品です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件