あなたを天才にするスマートノート

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163735702
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0095

出版社内容情報

『レコーディング・ダイエット』の岡田斗司夫が伝授する、新しいノート術! 発想法から、「楽」に、「面白くなる」ための方法まで。

内容説明

岡田斗司夫が10年以上かけて作り上げたノート術、「スマートノート」のシステム、始め方、続け方を伝授!簡単に始められ、続けられる。楽になる。面白い人になる。「わかる」瞬間が来る。そしてあなたはいつしか「天才」に。

目次

僕はこんなノートをつけてきた
まえがき―ノートで「楽に」天才になる
スマートノートの段階進行
第1フェーズ 5行日記をつける!
第2フェーズ 行動採点をする!
第3フェーズ倫理訓練を始める!
第4フェーズ 見せてお話をしてみよう!
第5フェーズ 脳内リンクが始まる!
第6フェーズ 知識から教養、見識へ!
第7フェーズ ついに世に出る!
あとがき―FREEexシステムについて

著者等紹介

岡田斗司夫[オカダトシオ]
オタキングex社長。1958年大阪生まれ。1985年、アニメ・ゲーム制作会社ガイナックスを設立。代表取締役として「王立宇宙軍―オネアミスの翼」「ふしぎの海のナディア」など数々の名作を世に送る。1992年退社。「オタキング」の名で広く親しまれ、NHK「BSマンガ夜話」「BSアニメ夜話」のレギュラーとしても知られる。2010年に、「オタキングex」を立ち上げる。大阪芸術大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

115
現在この本に書かれている「悩みのジャグリング」状態なので実際にこの本の通り実践してみるか。なんらかの突破口になりうる可能性大だし。本当にノートを書く書かないは置いといても本として面白かった。しかし岡田氏もウツ状態で悩んでたのね。ウツの軽減化という意味でも私には深刻な問題であるので興味がある。2013/12/23

パフちゃん@かのん変更

96
「オタクの息子・・・」でファンになりました。この本もいいと思います。やってみよう。若い人達にもお勧めしたいですね。それにしても岡田氏は本の印税をゼロ円とし、大学の講義や講演、新聞や雑誌の連載もすべてギャラをもらわずに引き受けるという。FREEexというシステムなんだそうだが、収入は社員が年間12万円社長(岡田氏)に支払っているとか。じゃ、社員の生活はどうなるんだと思いますが、社員は他に収入があって生活に困らない人しかなれないらしい。よく分からないシステム。普通にギャラを貰った方がいいと思うけど・・・。2014/08/05

WATA

75
発想力・表現力・論理力を鍛えるためのシンプルなノート術の本。毎日見開き2ページ書く、ページが埋まらなければそのまま空けておく、次の日はまた次の見開きページに書き始める、というルールは自由度があって良い。挫折を未然に防ぐ仕組みになっている。この本では、毎日ノートを書く理由として、日々感じたこと・考えたことを忘れないように残すためと、頭のなかでグルグル悩んでいることを書いて忘れてスッキリするためと、2つの理由を挙げている。この部分、自分がノートを書く理由と全く同じ。自分の考えが肯定されたようで嬉しい。2014/05/06

よむヨム@book

69
★★★★☆ 星4つ 本を読むことなどが「入力」なら、このスマートノートは「出力」になる。 知識の入力は、 外山滋比古先生の「思考の整理学」や M・J・アドラー先生の「本を読む本」 で学び 出力は、この本で実践していき自分なりのノートを作れればいいな。 2022/03/07

友和

66
ブログや日記も、だんだん書かなくなってしまう。でも、5行日記なら続けられそう。2014/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2280565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。