日本の路地を旅する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163720708
  • NDC分類 361.86
  • Cコード C0095

出版社内容情報

かつて中上健次が「路地」と呼んだ被差別部落。その出身者である著者が、日本全国に存在する路地を旅する異色のノンフィクション。

内容説明

自身の出身地である大阪・更池から中上健次の故郷・新宮へ。日本全国500以上の「路地」をめぐり歩いた十三年間の記録。

目次

第1章 ルーツ―大阪
第2章 最北の路地―青森、秋田
第3章 地霊―東京、滋賀
第4章 時代―山口、岐阜
第5章 温泉めぐり―大分、長野
第6章 島々の忘れられた路地―佐渡、対馬
第7章 孤独―鳥取、群馬
第8章 若者たち―長崎、熊本
終章 血縁―沖縄

著者等紹介

上原善広[ウエハラヨシヒロ]
昭和48(1973)年、大阪府出身。国内外のさまざまな人や出来事をテーマに取材執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さつき

58
被差別部落のことを「路地」と呼ぶことがあるとは知りませんでした。本書は大阪の「路地」出身の著者が日本全国にある「路地」をめぐる旅。私の住んでいる地域では、近隣に「路地」があるという話を聞いたこともなく現代にもまだ残っているのかと正直ショックを受けました。ただほとんどの地域では若い人は気にしていないくて、古い人が亡くなれば消えていくだろうとのことですが…城下町で街道を警護する役目を与えられていた等、地域によって違う「路地」の成立する歴史にも触れられていて興味深かったです。2017/11/19

touch.0324

55
中上健次は被差別部落を"路地"と呼んだ。本書はその路地の成り立ちや、全国の路地の歴史を記したルポタージュである。路地の歴史はもうひとつの日本史だ。江戸時代、エタと呼ばれた人々は、虐げられながらも皮革産業や芸能、肉食の文学を育んできた。幕末期、吉田松陰の「草莽崛起」の思想を継いだ高杉は「見渡せばエタも乞食もなかりけり」と詠んだ。吉田稔麿は高杉の奇兵隊に倣い路地の者から屠勇隊を組織した。松下村塾の思想は明治政府に受け継がれ、「解放令」を生み、中上作品の舞台となる近代(「同対法」の施行を前後)へと繋がる。2014/11/23

ポチ

52
路地=被差別部落。路地出身者の著者が日本各地の路地の成り立ちや現状を訪ね歩く。重い事柄を淡々と語っているのが印象的。2017/12/10

kinkin

29
被差別部落のことを「路地」と呼んだ中上健次。その路地を見つめ直すために、東北から沖縄まで、各地の「路地」を一人で旅を続ける著者。いまだにタブーとされている差別問題を、路地で出会った人々との会話を通して書かれている。「路地」出身者である著者のストレートな疑問と、暖かい視線を感じることが出来た。2014/02/13

ばー

17
路地、つまりは部落出身の著者が日本中の部落を巡るルポ。繋ぐように、消えた、もしくは消えかけている部落を巡り続ける著者は、消えゆく自身のルーツに想いを巡らせる。差別の歴史を抱える人、存在自体を知らない人、無かったことにしたい人。捉え方は多種多様だ。只の歴史と受け止めていいのか、複雑な気分で読書を終える。著者は終盤、罪を犯して離島に逃れた兄に会いに行く。路地を巡る旅は自身の有り様を探す旅であり、兄との再会に繋がる旅であった。寂寞とした想いに包まれながら首里城からの風景を望む著者は、きっと浄化されたのだろう。2015/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/426699

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。