打ちのめされるようなすごい本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 535p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163684000
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

出版社内容情報

5月に逝った著者、渾身のがん闘病記を収録する週刊文春連載「私の読書日記」と1996年からの書評を編んだ読書好き必読の一冊。

内容説明

米原万里全書評1995‐2005。絶筆となった壮絶な闘病記(「私の読書日記」週刊文春)を収録した最初で最後の書評集。

目次

第1部 私の読書日記(新居の猫と待望の和露辞典;記憶力・日本語・日本の女たち;百年の恋が冷める時;面白すぎる「自分史」と毛嫌いのスターリン本 ほか)
第2部 書評 1995~2005(沼野充義編『東欧怪談集』;ユーレク・ベッカー『ほらふきヤーコプ』;クロード・グリュデ『男を虜にする愛の法則』;オリバー・サックス『手話の世界へ』 ほか)

著者等紹介

米原万里[ヨネハラマリ]
ロシア語会議通訳、エッセイスト、作家。1950年生まれ。59~64年、在プラハ・ソビエト学校に学ぶ。東京外国語大学ロシア語科卒業、東京大学大学院露語露文学専攻修士課程修了。80年設立のロシア語通訳協会の初代事務局長を務め、95~97年会長。著書に『不実な美女か貞淑な醜女か』(徳間書店、新潮文庫。読売文学賞受賞)、『魔女の1ダース』(読売新聞社、新潮文庫。講談社エッセイ賞受賞)、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(角川書店、角川文庫。大宅壮一ノンフィクション賞受賞)、『オリガ・モリソヴナの反語法』(集英社、集英社文庫。Bunkamuraドゥマゴ賞受賞)など。2006年5月、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びわこっこ

80
主治医からの寄贈本。ゴルバチョフやエリツィンが名指しで依頼するほどのロシア語同時通訳者であり、エッセイストでもある。通訳をしていた時間から考えると、どこに書評を書く時間があったのかと思うほどの読書量。中でも週刊文春「私の読書日記」には壮絶な闘病記が綴られている。手術・放射線・抗ガン剤の三大療法を拒否し、代替療法の本を読み漁り、身体が10体あったら全部試してみたいと、癌治療本に書かれたことを身を以て検証している。だが、現代の医学では三大療法に勝るものはないことも検証済。医者が薦めた所以。2021/11/25

James Hayashi

32
魅力あふれる著者の文体に引き込まれ、読みたい本がだいぶできた。1995-2006の書評で少し古さを感じる物もあるし、東欧関係の物もあまり興味ない。癌治療を身を以て検証などの章もあり、著者の病床の姿に想いも馳せた。つくづくこのような方が早逝された事を残念に思う。2016/10/21

Gotoran

30
圧倒、驚愕、期待以上、大満足。「打ちのめされるようなすごい本」(書評文、紹介本の数々、本書も含めて)!読み手を、ユーモアと機知に富み、小気味よい、切れ味鋭い独特の筆致で誘い込む米原ワールドに完璧に魅了されてしまった。まさに、本の宝宝箱、書評本はロシア関連の国際情勢、民族の歴史から、文学、猫と犬、食べ物、ミステリとホラー、医学書と広範に及ぶ、著者の知的好奇心旺盛さと20年に亘る一日7冊読むという莫大な読書量に裏打ちされている。図書館を読んだが、永久保存版とするため購入することにした。興味ある本から(コメへ2011/12/25

ochatomo

24
書評家としての著者全作品(1995~2006年) 書評自体がダイナミックで面白い稀有さ 解説を書いた義弟にあたる井上ひさし氏は『通訳生活を長く続けているうちに、彼女は透明でいることに耐えられなくなり、その反作用として、書評家という名の堅い岩石になるのを好んだのではなかろうか。そして逆の位置に立っても、彼女は優秀だった』 ソビエト学校では宿題で読まされる本返却時に司書が“内容”を尋ね『客観的に手短かに伝える訓練』『積極的攻撃的な読書になる』 2006刊2020/02/28

まひろ

18
外国語を学んでいる身(ロシア語ではありませんが)からすると、その仕事(通訳)に関する情報収集ならぬ読書量のすごさ、まったく面白くなさそうな本が、とてつもなく面白そうで読んでみたくさせられる、書評のすごさに感動しました。引用したい言葉が1ページ事にある、つまり前頁引用していたら、一冊の本になってしまうので引用できない悔しさ(笑)まだまだ世に生み出して欲しかったです。2019/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/508939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。