自宅で迎える幸せな最期

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 295p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163674902
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

決してがんばりすぎないこと…どんなにつらい現実からも目をそむけないこと…聖路加国際病院で200人を超える患者の在宅死を見守った訪問看護師が綴る「いのち」の物語。

目次

1 自宅で迎える幸せな最期(夫婦ふたりの在宅闘病;もう、がんばれない;もっと一緒にいたかった;おじいちゃんと一緒に逝きたい;生きる証のディズニーランド ほか)
2 未来へ生きる可能性(健太くんの未来)

著者紹介

押川真喜子[オシカワマキコ]
昭和58年聖路加看護大学卒業。板橋保健所、日本大学医学部附属板橋病院循環器内科に勤務。平成元年聖路加国際病院公衆衛生看護部勤務。平成4年聖路加国際病院訪問看護科ナースマネージャー。訪問看護のプロとして、たくさんの「在宅死」を見つめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)