フォト&エッセイ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784163673509
  • NDC分類 762.1
  • Cコード C0095

内容説明

神童といわれて10年、待望のCDデビューを果たしたヴァイオリニスト、五嶋龍。その魅力のすべてを初公開の写真と書き下ろしエッセイで。

目次

第1章 コンサートで
第2章 ヴァイオリンとともに
第3章 音楽の世界
第4章 演奏者として
第5章 新しい世界へ

著者等紹介

五嶋龍[ゴトウリュウ]
1988年7月13日、ニューヨーク生まれ。3歳でヴァイオリンを始める。7歳で札幌のパシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)でコンサート・デビュー。カザルス夏期音楽祭、ラノディエール音楽祭に出演。これまでに、ノースキャロライナ・ユース・コンペティションで特別大賞、コネティカット州スタンフォードのグリニッチ・ユース・オーケストラ・コンペティションで優勝、ニューヨークのリンカーン・センターのアリス・タリー・ホールで、リチア・アルバニーズ・プッチーニ財団から器楽奏者として初の特別賞を受賞したほか、ニューヨーク日本商工会議所からも初のスカラシップ賞を受ける。1996年より毎夏、全10回フジテレビでドキュメント番組「五嶋龍のオデッセイ」を放送、JR東日本のイメージ・キャラクターとしてCMにも出演。現在、ニューヨークのトリニティー高等学校、ジュリアード・プレカレッジ在学中。趣味は空手(二段)・ギター。音楽社会奉仕活動にも積極的に参加している。2005年、ドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、同年8月デビューCDをリリース
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がるっち

3
好感度アップ。他人からは大変な人生だな、って思えるのだが、それを楽しんでる本人。淡々と自分のものにしていっている気がする。この本が書かれた当時はまだSAT受験の準備最中。2011年5月ハーバード大学物理学を出たそうです・・・。天は二物を与え・・・るんだね、時には。2011/08/06

ジャッキー

0
10年前のフォトエッセイ。グラウンドゼロでの演奏の写真が印象に残りました。2015/02/05

ぱぴ

0
ますます好きになりました。世界中で最も尊敬するヴァイオリニストが五嶋みどりだというのもいいなぁ。あとがきの中で「ぼくは自分が大好きだから、自分のあるべき姿に近づきたいと思うのは当然のこと」と言っていましたが、自分が好きだというのが根底にある人というのは、多少のことではブレないというかゆるぎないものがあって本当に魅力的です。2013/08/26

Figaro

0
これからの成長が楽しみなひとりの多才な少年の物語。2009/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/127357

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。