フォト&エッセイ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784163673509
  • NDC分類 762.1
  • Cコード C0095

内容説明

神童といわれて10年、待望のCDデビューを果たしたヴァイオリニスト、五嶋龍。その魅力のすべてを初公開の写真と書き下ろしエッセイで。

目次

第1章 コンサートで
第2章 ヴァイオリンとともに
第3章 音楽の世界
第4章 演奏者として
第5章 新しい世界へ

著者紹介

五嶋龍[ゴトウリュウ]
1988年7月13日、ニューヨーク生まれ。3歳でヴァイオリンを始める。7歳で札幌のパシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)でコンサート・デビュー。カザルス夏期音楽祭、ラノディエール音楽祭に出演。これまでに、ノースキャロライナ・ユース・コンペティションで特別大賞、コネティカット州スタンフォードのグリニッチ・ユース・オーケストラ・コンペティションで優勝、ニューヨークのリンカーン・センターのアリス・タリー・ホールで、リチア・アルバニーズ・プッチーニ財団から器楽奏者として初の特別賞を受賞したほか、ニューヨーク日本商工会議所からも初のスカラシップ賞を受ける。1996年より毎夏、全10回フジテレビでドキュメント番組「五嶋龍のオデッセイ」を放送、JR東日本のイメージ・キャラクターとしてCMにも出演。現在、ニューヨークのトリニティー高等学校、ジュリアード・プレカレッジ在学中。趣味は空手(二段)・ギター。音楽社会奉仕活動にも積極的に参加している。2005年、ドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、同年8月デビューCDをリリース