恋愛の昭和史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 355,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163668802
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

「恋愛」に王道なし。不公平で、不平等なもの、それが「恋」なのである。男と女の機微に真正面から切り込んだ本格恋愛研究の決定版。

目次

普遍的現象としての「恋愛」
「家庭小説」とその周辺
「失恋小説」の誕生―久米正雄の『破船』事件
恋愛と結婚の啓蒙家・菊池寛
「遊蕩文学」の巨魁・里見〓(とん)
男の貞操と広津和郎のX子事件
女たち、性を描く―宮本百合子、コロンタイ
「女の一生」小説の誕生―岸田国士、山本有三
作家たちの恋愛と結婚―伊藤整、石坂洋次郎、石川達三
ジッド『狭き門』の深く広い影響について―芹沢光治良、福永武彦
戦後における「解放」の嘘―『君の名は』
女の欲望―平林たい子の文学史からの抹消
戦後の石坂洋次郎と石川達三
姦通のモラル―巻正平の敗北
昭和後期性愛小説―瀬戸内晴美、渡辺淳一、立原正秋
学歴と恋愛―学校の恋愛文化
歌謡曲の時代
自由恋愛中の不自由

著者等紹介

小谷野敦[コヤノアツシ]
1962年、茨城県水海道市生まれ。東京大学学術博士、国際日本文化研究センター客員助教授。比較文学者、文芸評論家として幅広いフィールドで活躍している。2002年に『聖母のいない国』でサントリー学芸賞を受賞した
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。