20代に読みたい名作

20代に読みたい名作

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163590301
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

「細雪」「オリンポスの果実」「大地」「愛と死」「斜陽」…。奥行きのある女になるための読書ファイル。

目次

「わたしが・棄てた・女」(遠藤周作)
「老妓抄」(岡本かの子)
「放浪記」(林芙美子)
「鏡子の家」(三島由紀夫)
「おはん」(宇野千代)
「斜陽」(太宰治)
「楡家の人びと」(北杜夫)
「氷点」(三浦綾子)
「愛人ラマン」(マルグリット・デュラス)
「限りなく透明に近いブルー」(村上龍)〔ほか〕

著者等紹介

林真理子[ハヤシマリコ]
1954年山梨生まれ。日本大学芸術学部を卒業後、コピーライターとして活躍。1982年エッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」がベストセラーとなる。86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で第94回直木賞を受賞。95年「白蓮れんれん」で第8回柴田錬三郎賞受賞。98年「みんなの秘密」で第32回吉川英治文学賞受賞。現代小説、歴史小説、エッセイと、常に鋭い批評性を持った幅広い作風で活躍している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。