その意味は―考えるヒット〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 194,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163573502
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

目次

これからの歌姫の新基準か S.S.『SIVA 1999』
老年層の前頭葉を刺激する『孫』は仕掛けの勝利
D・M・Xのリミックスが名人芸!dreamのデビュー曲
当分は賭けてても心配なし 奥田民生のゲームは続く
つんくと林檎の風格はもはやキング&クイーン
ロックならではの嘘がないミッシェルの『GT400』
倉木麻衣に感じられない“ここから始まる何か”
関数的な懐かしさが魅力 サザンの『TSUNAMI』
郷ひろみ『ハレルヤ~』に見る「すごい」のパッチワーク
小柳ゆきの曲に含まれる「怨」のニュアンスとは〔ほか〕

著者等紹介

近田春夫[チカダハルオ]
1951年2月25日、東京都世田谷区生まれ。幼稚舎からの慶応義塾を大学で中退、75年に近田春夫&ハルヲフォンとしてデビュー。80年代以降はBEEF、ビブラトーンズなどを率いて時代の先端の音楽を生み出すかたわら、俳優、タレント、ラジオDJ、CM音楽作家、作詞家、作曲家、プロデューサー、そして歌謡曲評論家として独自の批評的スタンスで活躍する。86年にはプレジデントBPMを名乗って日本語ラップの先駆者となり、88年には人力ヒップホップ・バンドのビブラストーンを結成し、精力的に活動。そして、97年からはソロとしてAFROMIX、NO CHILL OUTなどの名義でゴア・トランス・テクノのシングルを次々と発表している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。