世紀末泰西風俗絵巻

世紀末泰西風俗絵巻

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21X15cm
  • 商品コード 9784163432809
  • NDC分類 723.05
  • Cコード C0095

内容説明

名画を通して社会を見る。名画を通して世紀末を考える。これから10年いかに生きるか。

目次

アプサントの孤独―ドガ アプサント
電気文明のダイナミズム―ロートレック ムーラン・ルージュのダンス
暑さが生み出した無茶苦茶―ドーミエ 水浴する人々
西洋版「青い山脈」の輝き―スーラ グランド・ジャット島での、ある午後の日曜日
白の交響曲―マネ オランピア
光に向って飛ぶ―ボナール 逆光の裸婦
打ち掛けとフラメンコとカルメンと―モネ ラ・ジャポネーズ
静の強制―セザンヌ セザンヌ夫人
雨傘の哀歓―ルノワール 雨傘
プロヴァンスの輝き―ゴッホ 夜のカフェテラス
モーレツなビューティフル―ルソー 私自身、肖像=風景
草上のジャンヌ・ダルク―ピサロ 棒きれを持つ農家の娘
夜明け前の魂―ゴヤ アスモデア
ヨーロッパの春―ミレー ダフニスとクロエ
窓の外の自由―ゴーギャン シュフネッケル一家
家族への信仰―シャルダン 食前の祈り
終り、そして始まり―マチス ダンス

出版社内容情報

セザンヌ、ルノワール、ゴッホなど17人の絵画の巨匠たちの作品を通して、その時代背景、生活様式、男女関係などの細部を解き明かす