クロワッサン症候群

  • ポイントキャンペーン

クロワッサン症候群

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784163427201
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

偉大なる女性誌クロワッサン、創刊時の同誌の影響を受けた女性たちはその後どう生き、いまどのようなライフスタイルをしてるか

内容説明

偉大なる女性誌「クロワッサン」は創刊当時、向田邦子、桐島洋子、市川房枝などをオピニオン・リーダーとして「自立する女」「翔んでいる女」など、新しいライフスタイルを打ち出し、当時の20代後半の女性に多大の影響を与えた。あれからおよそ10年、彼女らは30代の半ばから後半を迎えているが、この世代は他の世代に較べ、キャリアウーマン、シングル指向が強く、その影響を色濃く残している。女性誌ジャーナリズムが女性たちの生き方にどのような影響を与えていったか、著者自らの体験と重ねて描くとともに、ジャーナリズムの責任の大きさを、女性誌を通じて改めて強調する。

目次

プロローグ クロワッサン症候群とは
第1章 女性誌の影響力(女の時代到来;クロワッサン御用達文化人;拝敬 桐島洋子様;向田邦子はOLの星だった)
第2章 クロワッサン症候群の女たちは今(30歳の留学;企業でがんばる;とらばーゆ人生;マンパワーの女;とにもかくにもウェディングベル)
第3章 豊かな時代
エピローグ クロワッサンは変った

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

3
フェミニズムあれこれ。本書(1988)と酒井順子『負け犬の遠吠え』(2003)を入手して眺めている。1970年代後半の20代女性はノンノやアンアンやJJを卒業したが、婦人雑誌にはまだ早いという年齢。その層への新しい女性誌として、『クロワッサン』が読者をつかむ。同誌は1979〜81年に結婚よりもキャリアだ仕事だ独立だ、と煽った。団塊ジュニアな自分はフリーター礼賛とかサラリーマン批判とかを真に受けて人生を棒に振ったので…まぁ、間抜けな女がバカを見ただろう。いまのツイッターフェミニストも同じだ。2020/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1741061

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。