家族芝居

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163237602
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

笑いあり、涙あり。正月の餅搗きや花見に酔い痴れたり、思いがけない恋愛や、不意に訪れる死という現実も…。元アングラ劇団スターにして三十六のバツイチ男、後藤善男の「八方園」にようこそ。

著者等紹介

佐川光晴[サガワミツハル]
1965年、東京都に生まれる。北海道大学法学部卒業。出版社や食肉処理場に勤めながら小説を書きはじめる。2000年に「生活の設計」で新潮新人賞を受ける。2002年に「縮んだ愛」で野間文芸新人賞を受ける。三度の芥川賞ノミネートなど、新しい作家として注目されている。埼玉県志木市在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

baba

34
「俺のおばさん」シリーズのおばさんの元夫義男が主人公。破天荒で繊細と中々魅力ある男性が、老婆ばかりのグループホームを運営する。その日々の様子が凄まじいながらも共感してしまう。更にそこに二人の混血児が加わり、思いがけずに福祉の理想の形を実現していく義男。これからが楽しみ。次はあるのか?2016/11/23

daubentonia

19
『おれのおばさん』『おれたちの青空』の恵子さんの元夫、後藤善男が主人公です。この後藤善男が、なかなか魅力的な人間に描かれていました。口は悪いですが、お婆さん達に真摯に向き合う姿、いつもふてぶてしいくらいなのにたまに動揺してしまう姿に人間としての深みが表れていたように思います。『弔いのあと』は、死ぬ事について考えさせられる存在感のあるお話でした。お年寄り達の中で、これから育まれていくであろう善男と有里の子供の成長が楽しみだなぁって思いました。 2013/06/16

ga-ko

13
おれの~シリーズのスピンオフかなあ。でも肝心の義男さん視点じゃないので、何を思って展開していったのか気になる。おれのシリーズと舞台は違うが人との接し方がなんとなく似ていて好感がもてた。2016/05/05

clearfield

12
2005年の作品でシリーズ化され何冊も出版されている「おれのおばさん」の原点と言える作品です。最近別タイトルで文庫化を知り手に。登場人物は一部はかぶっていますが舞台も異なります。惠子おばさんの元の旦那が東京で老婆だけのグループホームを運営する話で主人公の善男を下宿人のアキラの話(2話)と善男の再婚相手有里の話(1話)で構成されます。惠子おばさんは小柄でも物凄いバイタリティあふれる女性でしたが善男は輪をかけて破天荒な男性で、これならおれのシリーズが出来たのも納得でした。小説らしくって普通に楽しめます2016/09/20

さぼさんのとげ

8
グループホームのお婆さんたちを「婆ぁども!」と呼ぶ善男。決してお上品とは言えない不良婆さんたち。「弔いのあと」はグッと引きこまれました。バスで娘に会いに行くところからは、まるで映画をみてるみたいでした。異様だけど心のこもった弔い。みんな高齢で、前に確実に「死」の存在がある……。いろいろ考えさせられます。シリーズなんですね。これは題名に惹かれて借りましたが「おれのおばさん」が面白いとか。また読んでみたいです。2015/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/39963

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。