夜明けの雷鳴―医師高松凌雲

夜明けの雷鳴―医師高松凌雲

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 291p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163189000
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

大政奉還をパリで知った幕府医官凌雲は、幕府再興のため、帰国後榎本艦隊と一路函館へ向かった。近代日本の黎明を描く歴史長篇

内容説明

新しい時代のうねりの中、箱館戦争に身を投じた博愛と義の人。壮絶な闘いの場にあって、敵味方の別なく、負傷者の治療を行った高松凌雲。欧米で学んだ先端技術と共に、日本の近代医療に魂を吹き込んだ人物の波乱の生涯を描く。幕末歴史長篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ともくん

61
箱館戦争において、箱館病院を開設した医師、高松凌雲。 医者でも志を同じにした者ならとことんまで戦う。 患者を官軍の手から守るために。 官軍も賊軍も関係ない。 ただ、傷つき病に倒れた者を救うために。 そして、箱館戦争後は、博愛社という貧困者のための無料医師団を設立。 正に医師の鑑。2018/12/21

Cinejazz

9
一橋家の奥詰医師・高松凌雲の幕末、明治の激動の時代に「義と博愛の精神」を貫いた壮烈な生涯を描いた、吉村昭氏による感動のノンフィクション大作です。パリ万国博覧会(1867)への随行と貧民病院「神の館」での西洋医術の習得を経ての帰国、大政奉還後の箱館戦争(1869)で敵味方隔てなく治療に専念、貧民の無償診療と救護団体「同愛社」設立(1879)をとおして、徳川慶喜・昭武、渋沢栄一、榎本武揚らの歴史上の人物との交流を深くし、人道の精神を尊んだ医師・高松凌雲の誉れ高い生涯に敬服の念を抱かずにはいられません。 2021/05/26

i-miya

5
2004.12.23 P348 あとがき 五稜郭 オランダ 池田成章  『幕府軍艦「回天」始末』 箱館戦争 箱館病院 頭取 高松凌雲 印象 官軍軍監 村橋直衛 凌雲を死からまぬかれさせる 解説・岡崎武志 有髪(剃髪主流の医師のなか)が徳川昭武一行に加えられた理由の一つ P5  フランス公使ロッシュ 水戸 徳川斉昭 第18子 昭武 14歳 老中 稲葉正邦 達し 2005/05/05

みの

5
幕末~明治期の医師、高松凌雲の話。その土地にまつわる歴史を知っているとさらに旅が充実したり、それが地元ならば様々な思いが逡巡する。裕福な人も貧しい人も、敵も味方も隔てなく治療するその強い意志に感動。高龍寺、碧血碑、そして今では地元人のお散歩コースの五稜郭公園。想いを馳せながらそれらの場所をまためぐりたいです。2012/03/28

さざなみ

3
NHK大河ドラマで渋沢栄一がパリ万博に行った際、そのメンバーに高松凌雲の名前を見つけたのが読むきっかけとなった。この作家の特徴として執拗に細かいことを書くきらいがあるがそれぞれの史実を小説で紹介してくれるのは雑学を深める意味でありがたい。(すぐに記憶から遠ざかるが) 函館戦戦士した土方歳三についてあまりにも淡白に終わっていたのが残念。2021/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/360056

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。