鈍色の歳時記

鈍色の歳時記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163186702
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

冬日和、待宵、秋出水、年の瀬……。季語を表題に短篇の名手が描く、少し不思議で少し怖い物語。歳時記を読むのが楽しくなる十二篇

内容説明

読めばあなたは眠れない。おだやかな日常に潜む恐怖と戦慄。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

柊子

12
正義感の強い人は苦手だ。一緒にいて、恥ずかしくなる。だから「年の瀬」はとても興味深く、より愉しめた。ラストはいつも小粋で、じんわりとした余韻が漂う阿刀田作品。大活字本シリーズにて読了。読みやすかった!2016/09/08

ヴュルツ

0
半夏生、読んでいてザワザワした。2013/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/102181

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。