溺レる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163185804
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

重ねあった盃。並んで歩いた道。夜が過ぎる部屋。そして、二人で身を投げた海……。時間さえ超える八つの恋ごころを描いた掌篇集

内容説明

一緒にいても、ひとりびとりであることが、さびしい。「アイシテルンデス」、肝心なときに言えないのは、なぜだろう―『蛇を踏む』の芥川賞作家が描く大人の恋、八景。待望の傑作掌篇集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パフちゃん@かのん変更

56
今まで読まなかったタイプの小説でした。愛欲に溺れる男女の短編集。といっても全然激しくなくて、淡々とした感じ。8編それぞれの主人公の女がどれもよく似たタイプだ。あまり好きではない。心中したのに相手の男だけが助かって、死んでしまった女の心だけが幽霊のように残り百年経った。という話やもっとすごい、二人とも不死の体になって五百年経ったという話も。何なんだいったい。2017/12/04

名古屋ケムンパス

46
川上版官能小説です。剥きだしの愛欲が描かれていますが、カラッとした乾きが感じられ、この世の物語かどうかぼんやりとしたまま読み進めることになります。「あんたら、このまま何処までも行っちゃうつもりかよ?」とツッコミを入れたところで、「じゃあ、止めてみてよ」と切り返されそうです。…この本全部読んじゃったけど、傍目でも怖いので、話はよく聞いていなかったことにしたいと思います。2016/01/31

竹園和明

42
色濃く濃密な関係、浮遊するような淡い関係、男女のつながり方はいろいろだ。きっと男と女では「淋しさ」の感じ方が違うのだろうが、この作品に出て来る女性達は“つながっていても孤独”な人達ばかり。肉体と精神が頂点でミートしても、その後に空虚を感じる女性の描写が非常に巧み。『百年』があまりにも切ない。そして『神虫』の脆さとエロスが、この短編集の極み。身体を重ねている瞬間でも淋しいとは…。出だしは不思議な世界だったが、知らぬ間に魅了されていた作品。川上弘美の術中にハマってしまった。2017/11/26

クリママ

40
表題作含む8編の短編。男女間のなんだかふわふわしていてとらえどころのないようなもの。こういう話が「センセイの鞄」につながっていくのだろうかなどと思いきや、「百年」で40歳という年齢が出てきて、その愛欲がだんだんなまなましく感じられるようになる。最後の「無明」などは、なかなか強烈だ。ふと「曾根崎心中」を思い出した。2018/09/01

てんちゃん

39
愛に…愛欲に溺れることをテーマとした短編集。最初は浸れませんでしたが、最後にはどっぷりと作品の織り成す愛欲に溺レました。題名の他に、作中の登場人物もカタカナで表記されているのですが、このカタカナが不安定さというか、常軌を逸した雰囲気を醸し出します。どの作品も濃いですが、私は「百年」が特に胸に迫りました。胸一杯に、哀しい…。2017/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/530154

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。