蝉しぐれ

蝉しぐれ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 436p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784163102603
  • NDC分類 913.6

出版社内容情報

海坂藩普請組の伜・牧文四郎は元服前の少年剣士。隣家の娘ふくに淡い恋を寄せるが、娘は藩主側妾となる定め…。武家小説傑作長篇

内容説明

清流とゆたかな木立にかこまれた城下組屋敷。普請組跡とり牧文四郎は剣の修業に余念ない。淡い恋、友情、そして非運と忍苦。苛烈な運命に翻弄されつつ成長してゆく少年藩士の姿を、精気溢れる文章で描きだす待望久しい長篇傑作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さゆ

51
半世紀生きてきて、恥ずかしながら初読みの藤沢周平。素晴らしい作品でした。言葉づかいだけ真似たような薄っぺらい時代小説とは、根底から立ち位置が異なっているように思われた。それにしても昔の子どもは「大人」だなあ。15、6で自身のことよりも家のこと、母のことなどを考える文四郎。不遇をあるがままに受け入れようとし、ことさらに悲劇の主人公的な思惑には絡め取られないのはとても10代とは思えない。日本人って、みなこうだったのだろうか?だとしたら、どこに置いてきたのだろうか?どうしてこういう世の中になってしまったのだろう2013/05/24

かずよ

47
結ばれることない切ない恋、親友たちとの絆、そして最後の死闘凄かった。胸のすく思いもあり、切なさあり、感想は一言では、表せませんね。正に名作です。2016/06/30

emico

20
今更ながらの藤沢作品。汚名をきせられ、罠にはまって切腹した父親。「父を愧じてはならん」の言葉を残して死した父の遺体をたった一人引き取りに出かけ、謀反者との罵声を浴びせられながらもひたすら歯を食いしばって車をひくまだ十代の文四郎。 お互い想いあっていても子供すぎ、また世界が違ってしまった為、叶わなかった恋。固い絆で結ばれている友人。それらが上手く絡み合いながら、成長していく文四郎。色んな出来事が起こりながらも最後には綺麗にまとまっている作品。行間が美しいので、浸りながら読みました。2014/06/12

スイ

15
母が今作とドラマ版が好きで、切ない切ないと聞いていたので、恋愛だけの話なんだろう面倒くさそう、とかえって読まずにいたのだけど、読んでみたら恋愛だけじゃない! 家族、友人、更に名前をつけられない様々な人間関係が丁寧に描かれている。 ハラハラする場面もあり、活劇としても楽しめた。 時代物はあまり読んでいないのだけど、描写が上手く、すっと入っていける。 しかし確かに切ない…! 抑え続けた恋心が最後に溢れ出す小説が大好きなので、今作も良かった。 読み終えた後に、耳の奥で蝉の声が聞こえ続けているような余韻もいい。2016/06/15

ゆき

15
面白い。文句なしに面白い!何が良いって時代物なのにすらすらと読めてしまう読みやすい日本語描写がいいです。そしてキャラクター。文四朗とおふくとの絶対に交わらない想いが切ない。剣のやり取りも読んでいてスピードが感じられる。試合に至っては動悸が激しくなりました。藤沢周平作品はとっても面白い。2015/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/516431
  • ご注意事項