文春現代史コミックス<br> ラーゲリ“収容所から来た遺書”

個数:
電子版価格 ¥1,001
  • 電書あり

文春現代史コミックス
ラーゲリ“収容所から来た遺書”

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月05日 13時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784160901254
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

二宮和也主演で映画化!奇跡の実話をコミカライズ

シベリア抑留中に死んだ仲間の遺書を、厳しい監視網をかい潜り、驚嘆すべき方法で日本へ持ち帰った男たちがいた。勇気と知性の物語。

「ダモイ(帰国)の日は必ず来ます」元一等兵、山本幡男はシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で死と隣り合わせの日々を送りながらも希望を捨てず、仲間を励まし続けました。

しかし、過酷な捕虜生活が山本の体を蝕みます。死期を悟った山本は4通の遺書を記し、日本の家族に届けるようにと遺言し、息を引き取ります。

ラーゲリでは、文字を書き残すことはスパイ行為として厳禁され、帰国する時も紙一枚持ち出すことは許されませんでした。しかし、仲間たちは驚くべき方法で山本の遺書を日本へと持ち帰り、終戦から12年後に遺族のもとへと届けたのです。一体、どうやって……!?

1990年に大宅賞を受賞した原作は、現在も版を重ねる傑作ノンフィクション。極寒、飢餓、重労働に屈しなかった男たちの勇気と知性の物語は、戦争を知らない世代にも感動を与え続けています。

今冬には「ラーゲリより愛を込めて」として映画公開も決定。主演は「硫黄島からの手紙」の二宮和也。映画とのメディアミックスにより、より幅広い読者に届けられればと考えています。

文春マルシェ特選「渋皮栗の甘納豆」が当たるプレゼントキャンペーンも実施中(詳しくは帯文を参照)。

内容説明

1957年。敗戦から12年後に遺族が手にした6通の遺書。シベリア抑留中に死んだ元一等兵、山本幡男が書き残した遺書は、彼を慕う仲間たちによる驚嘆すべき方法を使って、厳しいソ連監視網をかい潜り、日本へと持ち帰られた。悪名高き強制収容所(ラーゲリ)に打ち勝った男たちの、勇気と知性の物語。極寒、飢餓、重労働に屈しなかった男たちの奇跡の実話を漫画化。

目次

第1章 ウラルの俘虜
第2章 赤い寒波
第3章 アムール句会
第4章 祖国からの便り
第5章 4通の遺書

著者等紹介

辺見じゅん[ヘンミジュン]
富山県に生まれる。早稲田大学文学部卒業。作家・歌人として活躍。主な著書に、『男たちの大和』(第3回新田次郎文学賞受賞)、歌集『闇の祝祭』(第12回現代短歌女流賞受賞)、『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(第11回講談社ノンフィクション賞・第21回大宅壮一ノンフィクション賞受賞)、『夢、未だ盡きず』(第9回ミズノスポーツライター賞受賞)などがある。2011年9月21日、逝去

河井克夫[カワイカツオ]
1969年生まれ。95年、「ガロ」でデビュー。不条理ナンセンス・ギャグから文学作品のコミカライズまで、幅広い作風を誇る。俳優としても多くのドラマや舞台に出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

73
漫画。辺見さんの文献も読了済みです。俘虜の方々が受けた仕打ちや飢餓、極寒の重労働、病死等が軽く描かれており残酷さは伝わりにくいと思います。山本幡男さん、ロシア語が堪能な一風変わった人間が多くの俘虜の支えとなっていました。彼の遺書を仲間が記憶し妻へ届ける一大イベントが全員成し遂げられたのも彼の人間性の偉大さによるものだったと思います。最後の俘虜が祖国に帰還したのは1956年。まだついこの間です。ソ連で亡くなった方は還ってこれません。内地の戦争が終わっても戦い続けていた多くの人たちのことを忘れてはいけない。2022/08/10

しおり

26
先日 映画を観てきたので原作を、と思い図書館で借りたらコミックでした(^_^;)。シベリア抑留中の厳しい統制や労働、そして冬の極寒といった収容所生活で、希望の光を見失わない山本一等兵の精神の強さがスゴいものだと思います。皆から慕われる人間性など、辛さからどう絞り出しているのか?。本人の心の声を聞きたかったです。そんな山本さんだから、感動の遺言伝達という感動の連鎖となったのですね。個人的に犬の黒が帰還船を追いかけて来たことにも号泣させられたのでした。2023/01/13

今庄和恵@マチカドホケン室/コネクトロン

20
これは原作を読まなくては。20230521追記→原作 https://bookmeter.com/books/433542 を読んだらコミック化されたこの作品がいかに丁寧に原作を掬い上げているかがよくわかった。2023/05/10

Cinejazz

13
ノンフィクション作家・辺見じゅん(1939-2011)さん原作『収容所から来た遺書』のコミック版。〝「ダモイ(帰国)の日は必ず来ます」・・・元一等兵山本幡男はシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で死と隣り合わせの日々を送りながらも希望を捨てず、仲間を励まし続けた。しかし、過酷な捕虜生活が山本の体を蝕む。死期を悟った山本は4通の遺書を記し、日本の家族に届けるようにと遺言し、息を引き取る・・・〟山本幡男の遺書を記憶し、日本に持ち帰り遺族に届けた仲間たちの心意気に深い感動を覚える。2022/09/07

ムーミン2号

10
文藝春秋社が100周年と称して戦争をテーマとした名作をコミカライズしている。その一冊。原作は辺見じゅんのノンフィクション。ラーゲリとはソ連の強制収容所であり、シベリアに抑留された人々の過酷な環境、そして山本幡男は約10年の抑留生活の後に亡くなってしまうが、彼の残した遺書を仲間が彼の家族に届けるまでが描かれている。知ってるつもりの戦争は実は知らないことだらけで、日本人のダモイ(帰国)にも政治の力が大いに作用していたこともよくわかる。映画化されるらしい。2022/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19825412
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。