文春ムック<br> もう一度読みたいあの記事あのエッセイ文藝春秋昭和・平成・令和傑作選

個数:
電子版価格
¥1,599
  • 電書あり

文春ムック
もう一度読みたいあの記事あのエッセイ文藝春秋昭和・平成・令和傑作選

  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 文藝春秋(2022/12発売)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月23日 14時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 327p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784160070578
  • NDC分類 051
  • Cコード C9430

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hitotak

11
昭和24年~現在までの文藝春秋に掲載された記事から厳選した15本がまとめられている。昭和天皇を囲んだ座談会、立花隆による田中角栄の金脈告発等の有名記事も掲載されているが、個人的には昭和62年の『細木数子の正体』に驚いた。こんなにも後ろ暗い過去がありながら、ズバリ言うわよ!などとテレビに出まくっていたというのが凄い。今ならコンプライアンス的に無理だろう。他にもアンネ・フランクの父が語る隠れ家を追われ収容所で過ごした日々、『嵐を呼ぶ男』で人気絶頂だった石原裕次郎の言いたい放題のイカした手記等も面白かった。2023/03/05

O-chami

5
文藝春秋100年の歴史から厳選された、昭和24年から令和元年迄の15篇。 各々を書いた人(物故者多し)に感じる気概と矜持。 目次を見るだけでもその時々に思い至る。 あるものには微笑まされ、迫真のルポには感嘆、またあるものには胸打たれ泪を禁じ得ず。 時代背景を鑑みながら、ペン・文章・書物による文化の継承が行なわれることの大切さを強く感じる事と併せ、文藝春秋100周年に改めて敬意を表します。 BGMは、美空ひばりで、「川の流れのように」🎶~「愛燦燦」🎶2023/03/16

桐葉

2
その時代に話題になったエッセイだけあってどれも読みごたえがあった。田中角栄研究などは世のなかを動かしたほどの傑作だったと思う。半面柳田邦男氏や江藤淳のエッセイは重く心に残った。どれも歴史の証人といえるものだと思う。2024/05/15

ポポロ

1
私もかつて購読していたが最近では読む人もないという文藝春秋のベスト記事とのことで田中角栄研究などが入っている。山口瞳の駄文を憧れを持って読んでいたひとがいると思うと悲しくなるし井深大の黒歴史でしかない文章をここに採用したのはなんの判断なのか。一方で角栄、細木数子を追究したジャーナルは読み応えがあったし松下、本田のエッセイは面白かった。裕次郎もよかった。さらには近親の死と向き合った三作は素晴らしく江藤淳のものは泣きながら読んだ。こういった文化が消えていく残念さとそれを守りきれなった文春への愛憎を思う。2024/01/20

good Blue

0
当時を振り返り同じ過ちをしないようにしてほしい!

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20501166
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。