脳は世界をどう見ているのか―知能の謎を解く「1000の脳」理論

個数:
電子版価格 ¥2,860
  • 電書あり

脳は世界をどう見ているのか―知能の謎を解く「1000の脳」理論

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2022年08月14日 21時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 328p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152101273
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0040

出版社内容情報

細胞の塊にすぎない脳に、なぜ知能が生じるのか? カギは大脳新皮質の構成単位「皮質コラム」にあった。ひとつの物体や概念に対して何千ものコラムがモデルを持ち、次の入力を予測している――脳と人工知能の理解に革命を起こす「1000の脳」理論、初の解説書

内容説明

脳の最大の謎が解けた!細胞の塊にすぎない脳に、なぜ知能が生じるのか?ビジネスと研究、AI(人工知能)と神経科学を行き来する異端児による、人類未到の知的挑戦。

目次

第1部 脳についての新しい理解(古い脳と新しい脳;ヴァーノン・マウントキャッスルのすばらしい発想;頭のなかの世界モデル ほか)
第2部 機械の知能(なぜAIに「I」はないのか;機械に意識があるのはどういうときか;機械知能の未来 ほか)
第3部 人間の知能(誤った信念;人間の知能による人類存亡のリスク;脳と機械の融合 ほか)

著者等紹介

ホーキンス,ジェフ[ホーキンス,ジェフ] [Hawkins,Jeff]
1957年生まれ。神経科学者、起業家。神経科学とAI(人工知能)の研究を行なうヌメンタ社の共同創業者、チーフサイエンティスト。1979年にコーネル大学で電気工学の学士号を取得後、インテルのソフトウェア・エンジニアとして数年間働く。1986年にカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)で神経科学の博士課程に進んだが、大学という組織のなかで脳を総合的に研究することの壁に突き当たってシリコンバレーに戻り、1992年にパーム・コンピューティングを設立。現在のスマートフォンの先駆けとなる携帯情報端末「パームパイロット(PalmPilot)」を開発した。2002年、レッドウッド神経化学研究所を設立。2005年、同研究所をUCバークレーに移管するとともに、ヌメンタを設立。ホーキンスのアイデアはアンドリュー・エンや松尾豊らAI分野の著名人に影響を与え、各方面から賞賛を集めている

大田直子[オオタナオコ]
翻訳家。東京大学文学部社会心理学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

93
原題はA Thousand Brains.脳はどうやって知能を生み出しているのか?脳の研究はどの部位も同じ構造であることを示している。2.5mmの大脳新皮質は、数百万年の間に基本回路のコピーを層状に積み重ねて出来上がった。著者は約15万個のコラムが皮質を構成し、座標系を元に世界をモデル化していると提唱し、それを1000の理論と呼ぶ。第2部ではAIが自律的な知能を持つことはなく、第3部で人類滅亡を避けるための選択肢を考える。人間の脳の知的機能とは、遺伝子より確実な人類の存続に必要なものと著者は主張している。2022/06/19

マイアミ

8
★★★ 大脳新皮質の基本単位、知能単位は「皮質のコラム(柱状構造)」で、人間の脳には約15万個の皮質コラムが並んでいる。皮質コラムは座標系のモデルを持ち、物体だけではなく知っていることのすべて(数学や民主主義など)をモデル化するのに使われ、すべての知識は座標系に対する位置に保存される。ニューロンが座標系内の位置を呼び覚まして、それぞれの位置に保存されているものを想起させるとき思考が起こる。そして知覚とはこれらのコラム間の「投票」によって辿り着いた合意である。今までにない考え方で非常に面白いと思った。2022/05/28

はるのびん

6
なかなか手こずり本で、いい刺激になりました😊 「幻肢」切断して既に存在しないはずの部位に痛みや違和感を感じる。 脳が肉体の存在をモデルとして記憶しているために起きる現象。 そう考えると「この世は仮想空間であり存在していない」と言う説も納得してしまう。(実際に証明は可能だとか💦) この本を読んでから『三体』読めば、おぉ!なるほどね〜となる部分があっただろうね! 2022/06/20

山のトンネル

6
脳はどうやって情報を処理しているのか?2022/06/01

ばぶでん

5
全くの素人で理解も不十分ながら脳の仕組みについての画期的な考え方のように思われた。備忘】新しい課題を学習し、異なる課題間の類似性を理解し、新しい問題を柔軟に解決する人間の汎用的な知能の鍵は「座標系」と「動き」。ほぼ同じ構造を持つ大脳新皮質の皮質コラムが動きを通じて多種多様な座標系を構築して、物体だけでなく、数学や民主主義といった非物理的な概念までモデル化して座標に位置付け、予測を生み出す。思考の本質は「動き」。各モデルの認識の投票により認識が統合される。意識があるという状態のためには記憶が必要。2022/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19454334

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。