時間の王

個数:
電子版価格
¥2,200
  • 電書あり

時間の王

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 12時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 304p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152100504
  • NDC分類 923.7
  • Cコード C0097

出版社内容情報

俺は時間の王だ――自分の人生のあらゆる時間を自由に通り抜けられる。些細な事故に遭ったせいで思い出した瞬間に戻ることができる能力を手に入れた主人公は、子供のころに会った少女の命を救おうとするのだが……。中国SFの新星による7篇を収録した傑作集

内容説明

突然の事故をきっかけに、俺は人生のあらゆる瞬間に意識を移すことができるようになった。俺が叶えたいことはたったひとつ、子供のころに病院で出会った運命の少女のことだけだ…。自在に時を飛ぶ“時間の王”となった主人公の冒険と苦難を描く表題作、古代の蜀の都市・成都で、謎の女により不老不死にされた王が悠久の時をめぐる「成都往事」、店の名誉を守るため、三国時代の魏の曹操にラーメンを食べさせようとタイムトラベルした一行の奮闘を描く「三国献麺記」など、時間SFテーマの全七篇を収録。中国SFの超新星にして時間SFの名手が贈る、新時代の超絶エンタテインメント短篇集。

著者等紹介

宝樹[バオシュー]
1980年、中国四川省広元市生まれ。北京大学を卒業後、ベルギーのルーヴァン・カトリック大学にて哲学の修士号を取得。2010年、フリーライターとして活動しながらSFの創作を開始、これまでに長篇・中短篇集など数冊を刊行している。いまもっとも注目される新世代中国SF作家のひとりである

稲村文吾[イナムラブンゴ]
早稲田大学政治経済学部卒。中国語文学翻訳家。訳書多数

阿井幸作[アイコウサク]
北海学園大学人文学部日本文化学科卒。中国語文学翻訳家。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっちゃん

138
もっと自分にはちんぷんかんぷんで、頭ん中がぐるぐるになるのでは、と思ったけど結構解りやすくて楽しめた。笑いあり、ロマンあり、そして悠久の時の流れに身を委ねられる時間SFがぎっしり。これは『三体X』は読んでみなければ、と思うけれどもまずはその前に積んだままの本編のⅡとⅢを読まなきゃ、なんだよね…2022/05/10

ミライ

38
「三体」の二次創作小説(三体Xとして2022年に日本語版発売予定)が好評となり、SF作家としてデビューすることになったという逸話を持つ著者による「時間」をテーマにした7編収録の短篇集。どれも面白かったが、タイムスリップが可能なちょっと先が未来が舞台で、三国志で有名な曹操にラーメンを食べさせに行く「三国献麺記」が一番ぶっ飛んでいて面白かった。あと、宇宙をテーマにした「暗黒へ」はすごく「三体」を感じた。タイムトラベル系の小説が好きな人はハマると思う。2022/03/13

星落秋風五丈原

36
そうなんですよ中国にいくととにかく曹操と関羽の人気が高くて劉備っていまいちっぽいんですよ…。2021/10/14

小太郎

31
「三体」の二次創作というかスピンオフ作品「三体✕」(読んでないけど)を書いた宝樹さんの短編集。題名通り時間をモチーフにした7編の作品どれもがとても分かり易く尚且つSF好きな読者を十分に満足させる出来だと思います。前書きに書いてあるように作者は日本のSFに大きな影響を受けているし、欧米ものもかなり読み込んでいるみたいです。この頃結構中国系のSFが評判になりますが十分にグローバルに読まれる水準になってると思います。この中ではブラックホールの新解釈「暗黒へ」夏の扉不風「九百九十九本のバラ」がお気に入り。★42023/08/14

うまる

28
時間移動と共に歴史が感じられる、重厚濃密な時間もの短編集。"曹操にラーメンを食べさせる"とあったので、てっきりコメディ系だと思って読んだら面食らいましたが、どれも表現力が高く面白かったです。『三体』関連で有名な方だと知らず、紫金陳の訳者繋がりで手に取ったのですが、思わぬ収穫でした。一番好きなのは『九百九十九本のばら』神頼みより確実かもしれない理論が面白い。『成都往事』も時間もの好きにはたまらない展開。楽しいのはやはり『三国献麺記』腐女子って出てきて驚きました。思わず中国語でなんていうのか検索してしまった。2023/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18611918
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。