正義の行方―ニューヨーク連邦検事が見た罪と罰

個数:
電子版価格 ¥3,190
  • 電書あり

正義の行方―ニューヨーク連邦検事が見た罪と罰

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年07月28日 20時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 416p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152099310
  • NDC分類 327.953
  • Cコード C0032

出版社内容情報

格差と分断がひろがる社会のリアルな人間模様を通し、「正義とはなにか」「正義の執行とはどうあるべきか」を、読者に問いかけ、ともに考える。オバマに任命され、トランプと闘い罷免されたNY連邦検事が在職期間7年半の法廷秘話を明かす現代の「罪と罰」

内容説明

著者は2009年オバマ大統領に任命され、2017年にトランプ大統領に罷免されるまで、連邦検事としてインサイダー取引、麻薬取引、武器売買、ギャング・組織犯罪、サイバー犯罪、マネーロンダリングなど、ニューヨーク州における刑事・民事事件の捜査・訴訟において指揮をとってきた。格差と分断がひろがる社会のリアル人間模様にみる現代の「罪と罰」を通して、司法の立場から、ひとりの人間として「正義とは何か」「正義はどこへ向かうのか」と真摯に読者に問いかける。NYタイムズベストセラー。

目次

第1部 調査(あいまいな真実―男の子たち;物事は見た目どおりとはかぎらない―“洗練されたペテン師たち” ほか)
第2部 告発(正義のプロセスのための機構;そんなことは許さない ほか)
第3部 審判(被害者の主張;裁判官 ほか)
第4部 刑罰(赤ん坊のカーリナ;蝿の王 ほか)

著者等紹介

バララ,プリート[バララ,プリート] [Bharara,Preet]
アメリカの元連邦検事、弁護士。弁護士事務所勤務、C・シューマー上院議員の首席法律顧問を経て、2000年にニューヨーク南部地区検察局(SDNY)の連邦検事補に任官。2009年オバマ大統領によって同局トップの連邦検事に任命され、2017年にトランプ大統領に罷免されるまでその職にあった。組織犯罪や金融犯罪といったニューヨーク州における多くの刑事・民事事件の捜査・訴訟を指揮。2017年よりニューヨーク大学ロースクールの特別招聘教授。ハーバード大学卒業、コロンビア大学ロースクール修了

濱野大道[ハマノヒロミチ]
翻訳家。ロンドン大学・東洋アフリカ学院(SOAS)タイ語および韓国語学科卒業、同大学院タイ文学専攻修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。