ハウ・トゥー―バカバカしくて役に立たない暮らしの科学

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

ハウ・トゥー―バカバカしくて役に立たない暮らしの科学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月22日 00時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 400p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152099099
  • NDC分類 404
  • Cコード C0040

出版社内容情報

「どれもご家庭で試さないでください」と謳う暮らしのアドバイス本がかつてあったでしょうか? 引越しの方法から自撮りのコツ、はては友だちの作り方まで、「試してはいけない」日常の科学とお馴染み棒人間マンガ満載の、思わず笑えて心ときめくサイエンス読み物

内容説明

発売後、即ニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト1位!引っ越しの手間を減らすには?スマホの自撮りがうまくなるには?明日の天気を知りたい。友だちをつくるにはどうしたら…?約束の時間が守れなくて困っています。私たちの日々の困りごとには、正しい解決法と間違った解決法があります。しかしじつは画期的な、「第3の暮らしの知恵」というのがありました。バカバカしくて楽しげだけれど、役には立たない解決法が。本書では『ホワット・イフ?』の世界的ベストセラー作家、ランドール・マンローが、それを具体的な問題に即して、わかりやすいマンガを駆使して惜しげもなく披露してくれます。身近な科学やテクノロジーを楽しく理解できるという、思わぬ余禄ももれなくついてきますよ。

目次

ものすごく高くジャンプするには
プールパーティを開くには
穴を掘るには
ピアノを弾くには(すみからすみまで)
緊急着陸をするには
川を渡るには
引っ越すには
家が動かないようにするには
溶岩の堀を作るには
物を投げるには〔ほか〕

著者等紹介

マンロー,ランドール[マンロー,ランドール] [Munroe,Randall]
かつてNASAのロボット技術者だったが、2006年にその職を辞し、フルタイムのインターネットマンガ家となる。マサチューセッツ在住

吉田三知世[ヨシダミチヨ]
英日・日英の翻訳業。京都大学理学部物理系卒業。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Shimaneko

16
サブタイトル通り、超くだらなくて実用性ゼロの楽しい科学トリヴィア本。WEBコミック作者だけあって、シンプルな棒人間イラストがとにかくキュート。約400ページという分厚さなので時間はかかったけど、「遠方恒星掩蔽自撮り」とか夢があって素敵w それにしても、これは翻訳が大変だっただろうなぁ。いや、楽しかったっす。2021/01/26

DEE

15
物を投げるには、引っ越すには、自撮りするにはと聞くと、なぜ役に立たないかと思ってしまうけど、家ごと動かす人は少数だろうし、ましてや空輸はしないだろう。 この本には極端な例をあげ、それが実現可能かどうか、そのために何が必要でいくらかかるのか。そういうことが物理学の面から真面目に説明されている。 筆者も何度も断っているが実生活にはほぼ役に立たない。でも知識として頭の片隅にでもあるとたまにいいことがあるかも。終わって気づいたけど前に読んだ「What if」も同じ著者だったのか。2020/02/14

みき

12
副題にあるように、バカバカしくて役には立たないが非常に知的好奇心をくすぐられる本。 こういう本は暇つぶしに読むには最適ですよね。 ただ長いので意外に読破するには時間がかかるのが残念。 2021/02/16

アカツキ

12
著者のユーモアと棒人間たちの会話が可笑しいおバカ科学本。突然のセリーナ・ウィリアムズの登場にびっくり。パパっとドローンを撃墜。やっぱプロ選手って凄いんだな…。お気に入りはフットボールと鬼ごっこの章。フットボールのオチはズルい。思わず吹き出しちゃった。2020/05/03

羊山羊

12
ランドール・マンロー氏のおバカ科学本シリーズ。相も変わらず穴を掘るとか引っ越すだけのことに突飛もないことを次々引っ張ってくる天才である。どんどん話が物騒になってくる。冒頭初っ端の「これは、うまくないアイデアを集めた本です」という言葉が最高に好き。溶岩の堀を作るとか、いつの間にか遺伝子の話になる「データファイルを送るには」がとても好き。ワクワクの止まらない1冊。2020/04/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14905694

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。