ハヤカワ・ノンフィクション<br> トレーダーの生理学

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ・ノンフィクション
トレーダーの生理学

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152093516

内容説明

ゴールドマン・サックス、メリルリンチ、ドイツ銀行に勤め、ウォール街のトレーダーとして活躍していた著者は、インターネット・バブルとその崩壊を目の当たりにし、そのときの人々の行動から金融リスクと生理学の関係に興味をもつようになった。母校ケンブリッジ大学に戻り、研究をはじめた彼に、意外な結果が見えてきた。金融恐慌が起きれば、そのストレスのため身体に影響があるのは自明だろう。だが、経済と身体の結びつきは、実はそれだけではない。トレーダーや投機家たちの脳と身体の関係から、バブルが発生し、経済恐慌が起こるとしたら…。そして、ホルモンの濃度を調べることで、今日、利益をあげるかどうかを予測できるとしたら…。大儲けにつながる勘を強化できるとしたら…。あなたは生理学をどう活用する?現場を経験してきた著者ならではの臨場感あふれるエピソードも満載。金融と生理学の新たな領域を紹介する、刺激的な一冊。

目次

第1部 金融市場における心と身体(バブル市場の生物学;身体で考える)
第2部 勘を働かせる(思考のスピード;金融市場で働く勘)
第3部 市場の波(探索のスリル;熱狂を煽るもの;ウォール街でのストレス反応)
第4部 回復する力(精神を鍛える;化学物質と金融市場)

著者紹介

コーツ,ジョン[コーツ,ジョン][Coates,John]
「神経科学とファイナンス」を専門とする研究者。ケンブリッジ大学で経済学の博士号を取得後、ゴールドマン・サックスやメリルリンチ、ドイツ銀行でトレーダーとして働いた経歴を持つ。そこでインターネット・バブルとその崩壊を目の当たりにしたのがきっかけで、2004年にケンブリッジ大学に戻り、金融リスクと生理学の関係の研究を始めた。現在はケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネススクールのシニア・リサーチ・フェローである

小野木明恵[オノキアキエ]
翻訳家。大阪外国語大学英語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

バブルが膨らむのも、株価が暴落するのも、生理学で説明できる! ケンブリッジ大の気鋭の研究員がビジネスと神経科学の謎を解明する

バブルが膨らむのも、株価が暴落するのも、トレーダーの生理学的な反応に原因がある! ウォール街での活躍経験をもつケンブリッジ大学の気鋭の研究員が、ビジネスと脳神経科学の関係を解明する