• ポイントキャンペーン

ハヤカワSFシリーズ
ゴースト・オブ・ユートピア

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 326p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152093066
  • NDC分類 913.6

内容説明

ディストピアSFの古典がいかにして誕生したかを著者オーウェルの生涯を辿ることで探る「一九八四年」、あの奇想天外な風刺小説を異色の会話劇として再構築した「ガリヴァー旅行記」、激動の20世紀陰謀史をQ&A形式で解体する「すばらしい新世界」ほか、古今東西の文学作品10篇をモチーフに、21世紀という時代にユートピアの本質を追究する試み。

目次

nowhere(一九八四年;愛の新世界;ガリヴァー旅行記;小惑星物語;無可有郷だより)
now here(すばらしい新世界;世界最終戦論;収容所群島;太陽の帝国;華氏四五一度)

著者紹介

樺山三英[カバヤマミツヒデ]
1977年東京都生まれ。父は歴史家の樺山紘一。学習院大学文学部卒。『ジャン=ジャックの自意識の場合』で第8回日本SF新人賞を受賞して2007年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

『一九八四年』に始まり、『ガリヴァー旅行記』を経由して『華氏四五一度』へ──僕でもある〈きみ〉は21世紀のユートピアを追い求める。伊藤計劃、円城塔と同年デビューの異才がJコレ初登場。