• ポイントキャンペーン

ウェットウェア―単細胞は生きたコンピューターである

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 374p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152092335
  • NDC分類 463

内容説明

大腸菌は「微分」が得意。神経などで配線されていなくても、単細胞生物やタンパク質にはコンピューター顔負けの計算ができるらしい。生物のまったく新しい様相を明らかにする刺激的なポピュラー・サイエンス。

目次

利口な細胞
シミュレートされた生命
タンパク質のスイッチ
タンパク質のシグナル
細胞の配線
ニューラルネットワーク
細胞の意識
分子の変形
団結する細胞
遺伝子回路
ロボット
生命の本質
ふたたびアメーバについて

著者紹介

ブレイ,デニス[ブレイ,デニス][Bray,Dennis]
ケンブリッジ大学名誉教授。計算生物学・微生物学・神経生物学を専門とする現役の研究者である。2007年には欧州科学賞(the Royal Society and Acad´emie des Sciences Microsoft European Science award)を受賞した。分子細胞生物学の著名な教科書の著者である

熊谷玲美[クマガイレミ]
翻訳家・ライター。1975年生。東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻修士課程修了

田沢恭子[タザワキョウコ]
翻訳家。1970年生。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科英文学専攻修士課程修了

寺町朋子[テラマチトモコ]
翻訳家。京都大学薬学部卒業。企業で医薬品の研究開発に携わり、科学書出版社勤務を経て現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)