人々の声が響き合うとき―熟議空間と民主主義

個数:
  • ポイントキャンペーン

人々の声が響き合うとき―熟議空間と民主主義

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 16時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 358p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152092038
  • NDC分類 361.47

内容説明

「合理的無知」「説得産業による印象操作」に支配された現行の世論調査では真の民意は諮れない。本書は、熟議にもとづく民主主義理論を展開し、また熟議の質を高める条件を提起する。著者は世論調査と熟議に基づく討論フォーラムを結びつけた「討論型世論調査=DP」のシステムを考案。アメリカ、EU、中国を含む世界の15以上の国・地域で、40回以上の実証実験をおこなった。理論と実践が結びついたDPの実際をあますところなく紹介する一冊。

目次

1 民主主義の理想(古代アテネから現代アテネへ;公衆の意見聴取 ほか)
2 民主的改革のトリレンマ(どのように市民の政治関与をはかるか;熟議 ほか)
3 対立するビジョン(四つの民主主義理論;競争的民主主義 ほか)
4 熟議民主主義を実践的に(公共圏に息を吹き込む―四つの問題;どれだけ関与するか ほか)
5 熟議で結果を出す(中国の例;代表性 ほか)
6 困難な状況下での熟議(意見聴取の限界に挑戦する;分断された社会―隔たりを越えて ほか)

著者紹介

フィシュキン,ジェイムズ・S.[フィシュキン,ジェイムズS.][Fishkin,James S.]
1948年生まれ。イェール大学で政治学博士号、ケンブリッジ大学で哲学博士号を取得。スタンフォード大学教授。スタンフォード大学Center for Deliberative Democracy所長。熟議民主主義の権威であり、従来の世論調査に代わる、熟議にもとづく「討論型世論調査(DP=Deliberative Polling)」考案者の一人。アメリカ、EU、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、オーストラリア、中国など世界各国で実証実験をおこなっている

曽根泰教[ソネヤスノリ]
1948年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。慶應義塾大学DP研究センター長

岩木貴子[イワキタカコ]
英日・日英翻訳家。早稲田大学文学部及びダブリン大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)