ハヤカワSFシリーズ<br> エンドレス・ガーデン―ロジカル・ミステリー・ツアーへ君と

個数:

ハヤカワSFシリーズ
エンドレス・ガーデン―ロジカル・ミステリー・ツアーへ君と

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 483p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152091581
  • NDC分類 913.6

内容説明

少年が目覚めた時、眼前には蛾の妖精の姿をした少女がいた。ここはダウンロードされた人格たちが暮らす“見えざる小人の国”。彼女はこの電脳空間を管理するメインOSの擬似人格で、少年は今、彼女によって生み出されたばかり。システムダウン寸前のこの世界を救うために、二人は隠された10個のアクセスキーを集める旅に出る。だが行く手には、40万もの住人の個人空間(不可侵特区)が立ちはだかる。箱庭のごとき各特区には侵入者を阻む謎が仕掛けられているのだ。視覚と重力の混沌とした迷路世界、無限に続くジェットコースター地獄、ロケットで月を目指すミッション…長い長い旅の果てに明らかになる、この世界の意外な真実とは?千差万別の箱庭に仕組まれた謎解きの旅路を描く、驚愕のパズル・クエストSF。

著者紹介

片理誠[ヘンリマコト]
1966年生まれ。東京都在住。駒澤大学文学部卒業。会社員生活を経て、第5回日本SF新人賞に佳作入選した『終末の海 Mysterious Ark』でデビュー。骨太のファンタジイ巨篇“屍竜戦記”シリーズで注目を集め、本格SFの担い手としても高く期待されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)