• ポイントキャンペーン

リーマン・ショック・コンフィデンシャル〈下〉倒れゆくウォール街の巨人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 386p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152091444
  • NDC分類 338.253

内容説明

次々と倒れる巨大金融機関。ポールソン、バーナンキ、ガイトナー、バフェット、そして巨万の富を稼ぐエリートCEOたちは何を考え、いかに行動したか?2009年800‐CEO‐READビジネス書大賞受賞、「フィナンシャル・タイムズ」「エコノミスト」両紙の2009年ベスト・ビジネスブック。

目次

誰がリーマンを救うのか?(承前)
全CEO招集
リーマンの最期
AIG倒れる
モルガン・スタンレー絶体絶命
三菱UFJからの電話
揺らぐゴールドマン・サックス
ワシントンDCへの最終招集

著者紹介

ソーキン,アンドリュー・ロス[ソーキン,アンドリューロス][Sorkin,Andrew Ross]
ニューヨーク・タイムズのトップ記者。金融、企業合併専門。ヒューレット・パッカードのCompaq買収や、IBMによるPC製造部門のLenovoへの売却など、次々とスクープを連発。これまでに100を超える一面記事の執筆に関わってきた。2009年10月に発表された『リーマン・ショック・コンフィデンシャル』は、6カ月の長期にわたりニューヨーク・タイムズのベストセラーリストを賑わせ、リーマン・ショック関連本の決定版として大きな話題となった

加賀山卓朗[カガヤマタクロウ]
翻訳家。東京大学法学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)