• ポイントキャンペーン

ハヤカワSFシリーズ
ファントマは哭く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152090782
  • NDC分類 913.6

内容説明

太陽系外縁に発見されたマイクロブラックホールの周囲に人工降着円盤が建設され、全太陽系へのエネルギー転送システムが完成した。それから数十年が経過した西暦2189年、宇宙空間に適応した人類は、ファーストコンタクトに成功した地球外知的生命体ストリンガーとの、困難な意思疎通作業を継続していた。その頃、地球では建設中の軌道エレベーターにてテロが発生し、また小惑星ファーストライトにあるストリンガー都市が、未知の宇宙船(コードネーム:ファントマ)に攻撃されるという事件が起きる。さらに、人工降着円盤では謎の質量増加現象が発生していた―いくつもの謎が深まるなか、人類とストリンガーの関係もまた緊迫していく。異質な知性の交流が宇宙の構造に関わる謎に迫る傑作ハードSF。『ウロボロスの波動』『ストリンガーの沈黙』に続くAADDシリーズ最新長篇。

著者紹介

林譲治[ハヤシジョウジ]
1962年北海道生まれ。臨床検査技師を経て、1995年『大日本帝国欧州電撃作戦』(共著)で作家デビュー。確かな歴史観に裏打ちされた架空戦記小説で人気を集める。2000年以降は、科学的アイデアと社会学的文明シミュレーションが融合した作品を次々に発表し、新時代ハードSFの旗手として活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)