• ポイントキャンペーン

ハヤカワepiブック・プラネット
昼が夜に負うもの

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 472p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152090751
  • NDC分類 953

内容説明

青い目で、天使のような顔をしたアラブ系の少年ユネス。彼は、身を寄せる伯父に降りかかった災厄のために、果樹園が立ち並ぶ美しい村リオ・サラドに移り住んだ。初めは新しい土地に馴染めなかったが、やがて、かけがえのない親友を得て、青春の日々を謳歌する。しかし、優美な少女エミリーの出現と高まる戦争の足音が、ユネスと友人たちの絆を引き裂く―歴史の闇に埋もれたアルジェリア戦争を背景にして、少年の成長と愛を流麗な筆致で描き上げる、フランスのベストセラー長篇。

著者紹介

カドラ,ヤスミナ[カドラ,ヤスミナ][Khadra,Yasmina]
1955年生まれ。本名、ムハマド・ムルセフール。アルジェリア軍の将校時代、軍の検閲を逃れるため女性名のペンネームで執筆活動をはじめ、文学、ミステリと幅広いジャンルで次々と話題作を発表した。イラスムの声を伝える作家として、国際的に高い評価を得、作品は25カ国で翻訳されたが、2001年に自伝を発表し亡命するまでその正体は不明だった。2002年発表の『カブールの燕たち』は「サンフランシスコ・クロニクル」ブック・オブ・ザ・イヤーに選出

藤本優子[フジモトユウコ]
1964年東京生まれ、1987年パリ国立高等音楽院ピアノ科卒、翻訳家・通訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)