夜想曲集―音楽と夕暮れをめぐる五つの物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152090393
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

ベネチアのサンマルコ広場を舞台に、流しのギタリストとアメリカのベテラン大物シンガーの奇妙な邂逅を描いた「老歌手」。芽の出ない天才中年サックス奏者が、図らずも一流ホテルの秘密階でセレブリティと共に過ごした数夜の顛末をユーモラスに回想する「夜想曲」を含む、書き下ろしの連作五篇を収録。人生の黄昏を、愛の終わりを、若き日の野心を、才能の神秘を、叶えられなかった夢を描く、著者初の短篇集。

著者紹介

イシグロ,カズオ[イシグロ,カズオ][Ishiguro,Kazuo]
1954年11月8日長崎生まれ。1960年、五歳のとき、海洋学者の父親の仕事の関係でイギリスに渡る。同地で育ち、英国籍を取得した。イースト・アングリア大学大学院で創作を学んだ後、一時はミュージシャンを目指していた。やがて、ソーシャルワーカーとして働きながら執筆活動を開始し、1982年の長篇デビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞に、1986年発表の『浮世の画家』でウィットブレッド賞に輝き、一躍重要作家としての地歩を確立した。1989年発表の第三長篇『日の名残り』はイギリス文学の最高峰ブッカー賞に輝き、アンソニー・ホプキンス主演で映画化された

土屋政雄[ツチヤマサオ]
英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ベネチアの広場から、ロンドンのフラットへ。イングランドの丘陵から、ハリウッドの高級ホテル秘密階へ。切なくロマンティックな調べを奏で、イシグロの物語はめぐり続ける。