• ポイントキャンペーン

Hayakawa novels
名画消失

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 397p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152088895
  • NDC分類 933

内容説明

西洋美術最大の巨匠の一人、カラヴァッジョ。その代表的な宗教画『受胎告知』が、ローマのサンタ・ジュリアナ教会から何者かによって盗まれた。イタリア軍警察文化遺産保護課の刑事アリオストは美術品犯罪捜査コンサルタントのコフィンとともに事件の究明に乗り出す。さらにパリの美術協会の地下金庫室からも、ロシアの抽象画家マレーヴィチの名画『白の上の白』が盗まれ、ビゾ警部が捜査を始める。そしてロンドンでも事件は起きた。盗まれたのは、マレーヴィチのまったく同じ作品『白の上の白』で、贋作の疑いのあるものだったが、クリスティーズでオークションにかけられていた。それを国立近代美術館の館長が競り落として、保存修復室におさめた矢先のことだった。警戒厳重な国立近代美術館からどうやって盗んだのか、大きな謎だった。しかも驚くべきことに、同じオークションにかけられたマレーヴィチ派の絵も、それを買った男の自宅から盗み出され、スコットランド・ヤード美術・骨董品課のウィケンデン警部が真相を追い始める。イタリア、フランス、イギリスで進められる懸命な捜査。そして明かされる、一連の事件を結ぶ複雑怪奇な陰謀とは?美術品犯罪調査のエキスパートが放つ、出色の絵画ミステリ。

著者紹介

チャーニイ,ノア[チャーニイ,ノア][Charney,Noah]
1979年、コネティカット州ニューヘヴンに生まれる。コルビイ・カレッジで美術史と英米文学を専攻し、夏季休暇中はロンドンやボストンの競売会社クリスティーズで働いた経験がある。その後、ロンドンのコートルード美術研究所で17世紀のローマ美術を学び、ケンブリッジ大学では16世紀のフィレンツェ美術と図像学、および美術犯罪史を研究した。また、スロヴェニアのリュブリャーナ大学で建築史と犯罪史を学んでいる。その後、テレビ界に入り、美術の解説をしたり、美術番組の脚本を書いたりして活躍した。さらに、ローマを拠点にした美術犯罪調査機構を設立している

山本博[ヤマモトヒロシ]
1931年生、早稲田大学大学院法律科修了、弁護士・著述業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)