クリスティー・ジュニア・ミステリ
メソポタミヤの殺人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 326p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152088864
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

内容説明

古代文明の遺跡が眠るメソポタミヤ。発掘にあたる調査団の宿舎でつぎつぎと怪事件が起きる。窓からのぞくぶきみな顔、深夜の倉庫にちらつく怪しい光。そして調査団リーダーの美しい妻には、十五年もまえに死んだはずの元の夫から、なぞめいた脅迫状が届く。だがそれはすべて、まもなく起きる殺人事件への序曲に過ぎなかったのだ…中近東を舞台に、過去からの亡霊を相手に名探偵エルキュール・ポアロの推理が冴えわたる。

著者紹介

クリスティー,アガサ[クリスティー,アガサ][Christie,Agatha]
1890年イギリスのデヴォン州生まれ。少女時代は、読書に熱中。1914年に結婚。1920年に長篇「スタイルズ荘の怪事件」で作家デビュー。1928年に離婚した後、1930年には考古学者マックス・マローワンと結婚。100以上の長篇、短篇、戯曲、エッセイなどをのこし、1976年に死去

田村義進[タムラヨシノブ]
1950年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)