そして世界に不確定性がもたらされた―ハイゼンベルクの物理学革命

個数:
  • ポイントキャンペーン

そして世界に不確定性がもたらされた―ハイゼンベルクの物理学革命

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152088642
  • NDC分類 421

内容説明

1927年、若きドイツ人物理学者のハイゼンベルクは、量子力学の根幹をなす「不確定性原理」の考え方を初めて世に送り出した。すなわち、因果律に従い完璧に予測されるものだと考えられていた世界が、偶然と確率と可能性に支配された不正確なものに代わってしまったのである。これはあまりにも革新的な概念だった。当時すでに著名な科学者であったアインシュタインはこの原理を認めようとせず、また、ハイゼンベルクとその師ボーアとの間にも確執が生まれた。科学界だけではなく、文学や哲学にも大きな波紋をよんだ。だが、量子論と不確定性の考え方は、ある日突然現れたものではない。浮遊した微粒子がランダムに動くブラウン運動など、19世紀には不規則で統計的な現象の存在が明らかになっていた。また、第一次大戦後、敗戦国の屈辱を味わっていたドイツには、科学者の間にも決定論的な運命を認めたくないという向きが強まっていた。あとはただ一人の若き秀才の登場を待つのみだったのである。世界を揺さぶった不確定性の概念と、それをめぐる著名な科学者たちの人間ドラマとをみごとに描き出した、渾身の科学ノンフィクション。

目次

過敏な粒子たち
エントロピーは極大を目指す
不可解な現象―大いなる驚異の対象
電子はどのように決断するのか
前代未聞の大胆さ
知らないほうがうまくやれるという保証はない
楽しいわけがあるものか
靴屋になったほうがまし
考えられないことが起こった
かつての体系の精神
決定論を放棄したい
ぴったりの言葉がない
ボーアの恐るべき呪文のような用語の繰り返し
もう勝負はついた
科学的経験ではなく人生の経験を
まぎれのない解釈の可能性
論理学と物理学との境界領域
ついに無秩序に

著者紹介

リンドリー,デイヴィッド[リンドリー,デイヴィッド][Lindley,David]
1956年生まれ。サイエンスライター。バージニア州アレキサンドリア在住。天体物理学で博士号を取得し、ケンブリッジ大学、フェルミ研究所に勤務後、ネイチャー、サイエンス、サイエンスニュース各誌の編集をつとめた

阪本芳久[サカモトヨシヒサ]
1950年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学工学部卒業。出版社勤務を経て、現在は翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)