• ポイントキャンペーン

Hayakawa novels
五つの星が列なる時

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 359p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152088192
  • NDC分類 933

内容説明

イギリスのオックスフォードで若い女性が惨殺された。無惨に切り裂かれた遺体の上には一枚のコインが残されており、何かの儀式を思わせた。やがて第二の殺人事件が発生、被害者はやはり若い女性で、遺体にはまたしてもコインが置かれていた。取材でこの地を訪れていた作家のローラは、警察から犯罪現場の写真を撮る仕事を請け負っている元恋人フィリップとともに、この異常な事件を調べ始める。そして、そのコインが紀元前400年頃のエジプトで使われていたものの模造であることを突き止めた。さらに、殺人の行なわれた日が占星術に基づいて決められていることにも気づく。そして、第三の殺人が起きた。犯人はいったい何を企んでいるのか?調査を進めるローラとフィリップは、やがて1851年にも酷似した連続殺人事件が起きていたことを探り出す。そして、一連の事件に偉大な科学者ニュートンが深く関わっていることを知るが…錬金術、占星術の知識を巧みに織り込み、壮大なスケールで描くサスペンス小説。知的興奮を呼び起こす話題作。

著者紹介

ホワイト,マイケル[ホワイト,マイケル][White,Michael]
雑誌「GQ」イギリス版の科学担当編集者、「サンデー・エクスプレス」紙のコラムニスト、ディスカバリーチャンネルの科学番組のコンサルタントとして活躍する。また、プロのミュージシャンとしても活動し、イギリスのバンド、トンプソン・ツインズのメンバーでもあった。ニュートン、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの偉人の伝記やノンフィクションを数多く発表し、2006年に『五つの星が列なる時』を発表、小説家としてデビューした。現在はオーストラリアのパースで妻と四人の子供とともに暮らしている

横山啓明[ヨコヤマヒロアキ]
1956年生、早稲田大学第一文学部演劇科卒、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)