プラチナ・ファンタジイ<br> 双生児

個数:
  • ポイントキャンペーン

プラチナ・ファンタジイ
双生児

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 17時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 510p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152088154
  • NDC分類 933

内容説明

1999年英国、著名な歴史ノンフィクション作家スチュワート・グラットンのもとに、第二次世界大戦中に活躍した空軍大尉J・L・ソウヤーの回顧録のコピーが持ちこまれる。グラットンは、次作の題材として、第二次大戦中の英国首相ウィンストン・チャーチルの回顧録のなかで記されている疑義―英空軍爆撃機操縦士でありながら、同時に良心的兵役拒否者であるソウヤーなる人物(いったい、そんなことが可能なのか?)―に興味をもっており、雑誌に情報提供を求める広告を出していた。ソウヤーの回顧録を提供した女性アンジェラ・チッパートン(旧姓ソウヤー)は、自分の父親は第二次大戦中、爆撃機操縦士を務めていたと言う。果たして、彼女の父親はほんとうにグラットンの探しているソウヤーなのだろうか?作家の棲む現実から幕を開けた物語は、ジャックとジョーという同じイニシャル(J)をもった二人の男を語り手に、分岐したそれぞれの歴史の迷宮をひたすら彷徨していく…。稀代の物語の魔術師プリーストが、SF、ミステリにおける技巧を縦横無尽に駆使して書き上げた“もっとも完成された小説”。英国SF協会賞/アーサー・C・クラーク賞受賞作。

著者紹介

プリースト,クリストファー[プリースト,クリストファー][Priest,Christopher]
1943年、英国イングランドのチェシャー州生まれ。16歳でマンチェスター市の公立学校を卒業した後、会計事務所に勤めるかたわら、SFの創作を始め、66年に短篇“The Run”を発表してデビュー。68年にフルタイムの作家となり、70年に第一長篇『伝授者』を上梓する。74年発表の第三長篇『逆転世界』で、英国SF協会賞を受賞。アメリカではヒューゴー賞の候補となり、一流作家の仲間入りを果たす。95年、ヴィクトリア朝を舞台に、ふたりの天才奇術師の対決を本格ミステリ仕立てで描いた傑作『奇術師』(ハヤカワ文庫FT)で世界幻想文学大賞を受賞。日本でもSF/ミステリ両ジャンルのみならず、海外文学愛好家からも高い評価を受けた。2002年に発表された『双生児』は、英国SF協会賞とアーサー・C・クラーク賞を受賞、名実ともに現代の英国SF/ファンタジイ界を代表する作家である

古沢嘉通[フルサワヨシミチ]
1958年生、1982年大阪外国語大学デンマーク語科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件