• ポイントキャンペーン

デザイン思考の道具箱―イノベーションを生む会社のつくり方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152087997
  • NDC分類 675.3

内容説明

日本の「デザイン思考」研究の第一人者であり、その成果をもとにみずからもコンサルタントとして一流企業の商品開発に携わる奥出教授が、企業の創造性を高めてイノベーティブな商品を生み出すための秘策を明かす話題の書。

目次

第1部 デザイン思考で経営する時代(知識から創造性へ―経営戦略が変わる;デザイン思考の試み―IDEO、Dスクール、そしてiPod)
第2部 デザイン思考の道具箱―創造のプロセスとプラクティス(創造のプロセス―デザイン思考の道具箱;経験の拡大―創造のプラクティス1;プロトタイプ思考―創造のプラクティス2;コラボレーション―創造のプラクティス3;イノベーションを評価する―創造のプロセスの下流)

著者紹介

奥出直人[オクデナオヒト]
慶應義塾大学環境情報学部教授。株式会社オプティマ代表取締役。1954年兵庫県生まれ。1978年慶應義塾大学文学部社会学科卒業。1986年ジョージ・ワシントン大学アメリカ研究科博士課程修了。1987年慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程、単位取得後退学。ジョージ・ワシントン大学助手、埼玉大学講師、筑波大学講師、日本女子大学講師を経て、1990年以降慶應義塾大学にて教鞭を執っている。文化人類学、現象学、メディア環境論などの幅広い研究業績を基盤に、現在はインタラクション・デザインやデザイン思考など、21世紀のモノづくりの根幹となるフレームワークを研究・開発。その成果から2000年、株式会社オプティマを設立し、多くの一流企業の商品開発に参加している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)