Hayakawa novels
殺人作家同盟

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 355p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152087928
  • NDC分類 933

内容説明

出版社を経営するエドガー・ブラッカーが放火により殺された。彼は歯に衣を着せぬ物言いで作品を批判したり、出版の約束を反故にするなどして作家たちから恨みをかっていた。容疑者は12人、アマチュア作家の集まり“チチェスター作家サークル”の面々に絞られた。無実を訴えるメンバーの身辺を、サークルの新入りであるボブ・ネイラーは調べ始めるが、まもなく第二、第三の犠牲者が…。ラヴゼイが円熟のトリックを施した、極上の本格ミステリ。

著者紹介

ラヴゼイ,ピーター[ラヴゼイ,ピーター][Lovesey,Peter]
1936年、英国ミドルセックス州ウィットン生まれ。ヴィクトリア朝期の警察官を主人公にしたクリッブ&サッカレイ・シリーズや、英国皇太子アルバート・エドワードを主人公にしたシリーズなど、人気のシリーズを次々と発表。現在は、武骨で昔気質の刑事、ダイヤモンド警視を主人公にした現代物で人気を集め、同シリーズの『バースへの帰還』『猟犬クラブ』がCWA(英国推理作家協会)賞シルヴァー・ダガー賞を受賞している。単発作品も高い評価を得ており、『偽のデュー警部』でCWA賞ゴールド・ダガー賞を、『マダム・タッソーがお待ちかね』で同シルヴァー・ダガー賞を受賞している

山本やよい[ヤマモトヤヨイ]
同志社大学文学部英文科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)