巨石―イギリス・アイルランドの古代を歩く

個数:

巨石―イギリス・アイルランドの古代を歩く

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 08時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 287p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784152087409
  • NDC分類 233.03
  • Cコード C0022

内容説明

誰が、なんのために、どうやって造ったのか?ストーンヘンジ、エイヴベリーをはじめ、ブリテン島・アイルランド各地のストーンサークル、ドルメンなど50カ所以上の巨石遺跡をめぐり歩き、謎と威厳を湛える石たちを撮影。遺跡にまつわるケルトの伝説、民間伝承、古代の天文学などの説も紹介しつつ古代人たちの営みを垣間見る美しい写文集。

目次

イングランドの巨石(巨石文化の到達点か、大いなる異端か―Stonehenge;ストーンヘンジ周辺の遺跡 ほか)
スコットランドの巨石(月の降りる台座―Loanhead of Daviot,East Aquhorthies,Midmar Kirk;ゴルフ場の三人―Lundin Links ほか)
ウェールズの巨石(アーサー王の岩―Carreg Coetan Arthur;女神の子宮―Pentre Ifan ほか)
アイルランドの巨石(「横石族」の長き旅の果てか―Droumbeg;丘の上の三本指―Gurranes ほか)

著者紹介

山田英春[ヤマダヒデハル]
1962年東京生まれ。1985年国際基督教大学教養学部卒。出版社勤務を経て現在ブック・デザイナー。1990年代前半からイギリス・アイルランドを訪れ古代遺跡の写真を撮り歩く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)