歌うネアンデルタール―音楽と言語から見るヒトの進化

個数:

歌うネアンデルタール―音楽と言語から見るヒトの進化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月24日 13時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 492p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152087393
  • NDC分類 469.2

内容説明

われわれの生活に欠かすことのできない音楽。この音楽は、いつごろ、どのようにして人類の歴史に誕生したのだろう。音楽は進化の過程でことばの副産物として誕生したというのが、これまでの主要な意見であった。しかし、ミズンは、初期人類はむしろ音楽様の会話をしていたはずだとし、彼らのコミュニケーションを全体的、多様式的、操作的、音楽的、ミメシス的な「Hmmmmm」と名づけた。絶滅した人類、ネアンデルタールはじゅうぶんに発達した咽頭と大きな脳容量をもち、この「Hmmmmm」を使うのにふさわしい進化を遂げていた。20万年前の地球は、狩りをし、異性を口説き、子どもをあやす彼らの歌声に満ちていたことだろう。一方、ホモ・サピエンスではより明確に意思疎通するために言語が発達し、音楽は感情表現の手段として熟成されてきたものと考えられる。認知考古学の第一人者として、人類の心の進化を追究しつづけるスティーヴン・ミズンが、太古の地球に響きわたる歌声を再現する。

目次

音楽の謎―音楽進化史の必要性
第1部 現在(チーズケーキ以上?―音楽と言語の類似点と相違点;言語なき音楽―大脳、失語症、音楽サヴァン;音楽なき言語―後天性・先天性の失音楽;音楽と言語のモジュール性―脳内における音楽処理;乳幼児への話しかけ、歌いかけ―脳の成熟、言語学習、絶対音感 ほか)
第2部 過去(うなり声、咆哮、身振り―サル、類人猿のコミュニケーション;サバンナに響く歌―「Hmmmm」コミュニケーションの起源;リズムに乗る―二足歩行と踊りの進化;模倣する性質―自然界についてのコミュニケーション;セックスのための歌―音楽は性選択の産物か ほか)

著者紹介

ミズン,スティーヴン[ミズン,スティーヴン][Mithen,Steven]
レディング大学人間環境科学部長、大学院研究科長。先史時代を専門に研究する考古学者で、スコットランド西部、ヨルダン南部で発掘調査を行なってきた。近年、人類の心の進化に焦点をあてた認知考古学の分野で目覚ましい活躍を見せる

熊谷淳子[クマガイジュンコ]
大阪教育大学の言語障害児教育教員養成課程卒業後、コロラド大学修士課程でオージオロジーを修める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)