名探偵は精神分析がお好き

名探偵は精神分析がお好き

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19X14cm
  • 商品コード 9784152034779
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0095

内容説明

名探偵シャーロック・ホームズ、『サイコ』のノーマン・ベイツ、『ロゼアンナ』の不良少女…。小説に登場するキャラクターの人格も、幼少時に形づくられていた!?―数々の著作をもつ当代随一の人気作家中島梓が、臨床精神分析の権威である木田恵子をパートナーに迎え、名作ミステリ、自作の登場人物たち、親子の関係を題材に、限りない優しさをこめて悩み多き現代人に贈る画期的な対談集。

目次

第1部 推理としての精神分析
第2部 人間についての学問
第3部 母のために子のために
第4部 補足/現代は心理学の世紀である

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

不動 明

0
作家の中島梓氏が木田さんの著書『喝采症候群』を読み感銘しある新聞に書評を書きその後対談が実現し本書になるという経緯。対談途中何となく中島氏が若干無意識の琴線に触れたのか何となく暴走気味になった様に感じたが活字ではその場のニュアンスは伝わらないので分からなかった。最終章に於ける中島氏の精神分析についての考察は読んでいても鋭く深く突き刺さってきた。この本が出版されて既に24年経っているが内容は全く色褪せてないどころか、より必要な事ばかり記述されていると思った。2015/08/25

アマテラス

0
精神分析学に興味をもつキッカケになった本です。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/125619

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。