ハヤカワ・ミステリ文庫<br> アイアン・ハウス〈下〉

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

ハヤカワ・ミステリ文庫
アイアン・ハウス〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 05時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 405p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784151767067
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

マイケルは作家として成功を収めたジュリアンとの再会を果たす。だが、弟は深く心を病んでいた。孤児院アイアン・ハウスでの忌まわしい記憶にいまだ取り憑かれているのか。しかも、ギャングの魔の手が迫るなか、弟を養子にした上院議員の邸宅の敷地で無残な死体が見つかる。それは孤児院でジュリアンを虐めていた連中の一人の成れの果てだった。まさか、弟が犯人なのか…。交錯する謎が新たな謎を呼ぶ!著者の新境地。

著者等紹介

ハート,ジョン[ハート,ジョン][Hart,John]
1965年、ノース・カロライナ州生まれ。アメリカで現在最も勢いのある作家。ミステリ界の「新帝王」と呼ばれる。2006年に北米最高のミステリ賞であるアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀新人賞候補作『キングの死』で華々しくデビュー。その後、2007年発表の第二長篇『川は静かに流れ』で、同賞の最優秀長篇賞に輝いた。2009年の第三長篇『ラスト・チャイルド』(以上、早川書房刊)は、MWA賞最優秀長篇賞および英国推理作家協会(CWA)賞最優秀スリラー賞をダブル受賞した

東野さやか[ヒガシノサヤカ]
上智大学外国語学部英語学科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

85
どうか、この終わりの世界がこのままでありますように、と願う。2021/02/07

キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん

33
組織を抜けようと逃げ続けるマイケルの周りで連続殺人。弟が容疑者なのか。容赦のない組織の殺し屋達。荒廃した世界の中でマイケルは生き延びる事ができるのか。ジョン・ハート氏らしい密でハードな世界。全ての謎はがっちりと絡まっているけど、そのわかりやすさ。面白かった。だけどこれ絶対前に読んだ事あるのだな。ラスト近くになるほど面白さは増し、それと共に蘇る記憶。ま、いっか。2017/12/03

きょちょ

26
アビゲイルという女性のキャラが面白い。 何故彼女は、主人公や彼の弟を施設から引き取ろうとしたのか? 真相はなるほど。 そして、施設の子供たちを殺した犯人は? この真相もなるほど。 弟が失跡した理由もなるほど。 ハードボイルドやスリラー、サスペンス的要素に、「血縁の結びつき」を加えている。 結末は好み。 この作家は初読だが、アメリカ探偵作家クラブ賞を受賞している作品もあるようで、次はそれを読もう。 ★★★★2019/03/26

琴華

13
読メで知った初読みの作家さんです。殺し屋が恋人を殺されて、復讐していく単純な話かと舐めてました。そして思いっきり舐め返されました。今まで知らなかった事が悔しくなるくらい面白い!過去の事が色々繋がって未来へ繋がるラストが良いですね。感想をみると「川は静かに流れ」の評判が良いようなので、早速図書館で予約しました。楽しみだ~2014/08/24

goro@80.7

10
エンターテイメントです。しかし上院議員は脇が甘すぎでしょ(^^;2014/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4558803

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。