ハヤカワepi文庫<br> 忘れられた巨人

個数:

ハヤカワepi文庫
忘れられた巨人

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2021年12月02日 10時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 496p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784151200915
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

『わたしを離さないで』以来10年ぶりの長篇。霧に覆われた世界を老夫婦は旅する。息子との再会を信じて……

内容説明

遠い地で暮らす息子に会うため、長年暮らした村をあとにした老夫婦。一夜の宿を求めた村で少年を託されたふたりは、若い戦士を加えた四人で旅路を行く。竜退治を唱える老騎士、高徳の修道僧…様々な人に出会い、時には命の危機にさらされながらも、老夫婦は互いを気づかい進んでいく。アーサー王亡きあとのブリテン島を舞台に、記憶や愛、戦いと復讐のこだまを静謐に描く、ブッカー賞作家の傑作長篇。

著者等紹介

イシグロ,カズオ[イシグロ,カズオ] [Ishiguro,Kazuo]
1954年11月8日長崎生まれ。1960年、五歳のとき、海洋学者の父親の仕事の関係でイギリスに渡り、以降、日本とイギリスのふたつの文化を背景に育つ。その後英国籍を取得した。ケント大学で英文学を、イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。一時はミュージシャンを目指していたが、やがてソーシャルワーカーとして働きながら執筆活動を開始。1982年の長篇デビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年発表の『浮世の画家』でウィットブレッド賞を受賞した。1989年発表の第三長篇『日の名残り』では、イギリス文学の最高峰ブッカー賞に輝いている。2017年ノーベル文学賞受賞

土屋政雄[ツチヤマサオ]
英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パトラッシュ

144
過去の記憶のせいで今日も各地でテロや虐殺や戦争が起きている。記憶がなければ北アイルランドやボスニア、パレスチナなどの惨事はなかったのでは。これがイシグロが本書を構想したきっかけではないか。過去を強制的に忘れさせられた偽りのおかげで民族や宗教絡みの憎悪が消え平和が保たれた社会と、すべての過去を自由に記憶することで果てしなく殺し合いの悲劇が続く世界のどちらが正しいか。『1984年』などディストピア小説によくある「記憶の抹消への反抗」が本当に正しいのか。そうした解答不能の命題を突きつけてくる恐るべき小説なのだ。

優希

133
文庫で再読です。ファンタジーの広がる世界に浸る感覚が好みの作品です。様々な人と出会い、命が危険にさらされる中で、遠い地にいる息子に会おうとする姿に強さを感じずにはられません。記憶、愛、戦い、復習の響きが静かに描かれることで、老夫婦が進もうとする道がくっきりと浮かび上がるようでした。旅路における運命のドラマに引き込まれます。2018/05/10

本読みたぬき

132
「記憶」という共通テーマのもとでバラエティに富んだ作品を発表しているカズロ・イシグロ氏の最新作は、なんと中世初期のイギリスを舞台にしたファンタジー。竜退治などファンタジーの王道ストーリーを踏みながら、現代の国際紛争などに投影できるように新しくツイスト。「ロードオブザリング」(指輪物語)も似た雰囲気で、主人公とお姫様は若者でなく老夫婦というのがミソ。忘れることも平和に健康に暮らしていくためには大切だ。記憶力が良すぎる人は生きづらいだろう。2017/12/28

tokko

130
アーサー王伝説を下敷きにしているけれど知らなくても読めます。物語中にはガウェイン(のなれの果て)が登場したりイギリス人が読むとまた違った印象を受けるのでしょうが、「戦士」やら「騎士」やらは某ゲーム程度の知識しかないのでイメージは(物語中の)霧中のごとく曖昧模糊としていました。そんなマイナス要素を差し引いてもこの小説のテーマはかなり重く響きます。平和のためには「忘れ」なければならなかった過去、「忘れた」ほうがうまくいくけれど「忘れ」てはならない過去、そんな過去は僕たちにもあります。雌竜は今も生きています。2017/10/23

みあ

125
再読。しかし最初の時よりも深く理解出来た気がする。古代ブリテンを舞台にしているのに何故か現代にも通じる普遍性を感じる。苦手なファンタジーなのに心を大きく揺らす。初読の時よりもあらすじは分かったけれどもより大きな霧が私の頭を覆い、それすらいとおしさと美しい悲しみに変わる。私の記憶とは本当に正しいのだろうか?私の命よりも大切な何かがあるのだろうか?これは老夫婦の息子を探す旅物語であると同時に私達の本当の心を取り戻す物語である。魅力的な登場人物達と波乱に富んだストーリー。この作品で著者は新たな境地に辿り着いた。2020/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12306045

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。