ハヤカワ・ミステリ文庫
百万に一つの偶然―迷宮課事件簿〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 421p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150725525
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

男は恋人を奪った友人を殺した。目撃者は友人の飼い犬だけ。犬を始末すれば完全犯罪成立のはずだった。死んだ犬が警察に通報さえしなければ…信じられないほど些細な手がかりが完璧な犯罪計画を覆す表題作他、幸運な偶然と刑事たちの冴えた推理が謎を解き明かす9つの名篇。スコットランド・ヤードのあらゆる課が持て余した事件を引き受ける世に名高い迷宮課の事件簿を一挙公開!クイーン大絶賛の倒叙ミステリ短篇集。

著者等紹介

ヴィカーズ,ロイ[ヴィカーズ,ロイ][Vickers,Roy]
1888年イギリス生まれ。デイヴィッド・ダラム、セフトン・カイルなどの別名義を持つ。オックスフォード大学ブレイズノウズ・カレッジに学ぶ。週刊大衆誌の記者として犯罪実話などを書き、『ノヴェル・マガジン』編集長を経て専業作家に。1921年にThe Mystery of the Scented Deathでデビュー。倒叙短篇“迷宮課”シリーズ第一作「ゴムのラッパ」は『エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン』に掲載され、クイーンのお墨付きを得た。65年没

宇野利泰[ウノトシヤス]
1909年生、1932年東京大学独文科卒、1997年没、英米文学翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。