ハヤカワ文庫NF<br> エッセンシャル版 行動経済学

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫NF
エッセンシャル版 行動経済学

  • ウェブストアに23冊在庫がございます。(2021年10月28日 10時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 226p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150505707
  • NDC分類 331
  • Cコード C0133

出版社内容情報

2度のノーベル賞受賞で、すでにスタンダードとなっている「行動経済学」。その用語と事例の要点を凝縮した、世界標準のテキスト。

内容説明

従来の経済学の限界を打ち破り、二度のノーベル経済学賞に輝いた行動経済学は、いまや新たな一般教養になりつつある。合理的で正しい選択をするには?モチベーションはどこから来る?周りの人をよい方向に導くには?ビジネス現場や各国の政策にも導入が進む学問を、世界基準のテキストで入門しよう。日進月歩の研究の基礎を網羅した、はじめて学ぶ人にも、知識を整理したい人にも向く充実の入門書。

目次

第1章 経済学と行動
第2章 モチベーションとインセンティブ
第3章 社会生活
第4章 速い思考
第5章 リスク下の選択
第6章 時間のバイアス
第7章 性格、気分、感情
第8章 マクロ経済における行動
第9章 経済行動と公共政策

著者等紹介

バデリー,ミシェル[バデリー,ミシェル] [Baddeley,Michelle]
南オーストラリア大学選択研究所教授。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン構築環境学部の経済学・金融学教授を務めたのち、現職。イギリス政府の有害物質諮問委員会メンバー、ケンブリッジ大学科学政策センター研究員を務める。クイーンズ大学で経済学と心理学の学士号を、ケンブリッジ大学で経済学の修士号と博士号を取得

土方奈美[ヒジカタナミ]
翻訳家。日本経済新聞記者を経て独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

g.t

6
昔から興味を持っており、改めて勉強をしたいと思って手に取ったがやはり行動経済学は興味深い。人間社会の小規模化が進み「個の自立」「自由意志」が強調される現代において、個を踏まえつつその動きを捉えるにおいて、古典的な経済学よりも適用可能な幅が広いのではなかろうか。 論拠が十分に示されない書籍が多い中で、本著は出展の明示を含め充実しているものと感じる2021/09/04

読書熊

5
かなり網羅的に学べます。カーネマンやセイラー作品を読んだ人にとってはいい復習になる2021/03/06

植岡藍

4
端的にまとまっていて読みやすい。行動経済学スターターセットとして最高の一冊。より専門的な本も読みたくなる。2021/04/04

馬と猫

2
あんまり分かりやすくはなかったかな…2021/09/24

ヤスダ

2
★3.5 経済の動きは、とどのつまり人の動きであり、人は必ずしも合理的ではなく、時に予想を裏切る行動を取る。それ故に、著名な学者でも経済の動きを完全に予想することができないのだろう。言い方を変えれば、人の行動一つで経済を大きく変え得るということか。おもしろい。 専門用語は多かったが、全て腹に落ちた。行動経済学に関する他の本も手に取ってみたい。 2021/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17221574

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。