ハヤカワ文庫NF ハヤカワ・ノンフィクション文庫<br> ホワット・イフ?〈Q2〉だんだん地球が大きくなったらどうなるか

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫NF ハヤカワ・ノンフィクション文庫
ホワット・イフ?〈Q2〉だんだん地球が大きくなったらどうなるか

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月24日 00時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150505523
  • NDC分類 404
  • Cコード C0140

内容説明

「1日のあいだに世界中で生じるすべての雷が、あるひとつの場所で1度に生じたなら、その場所はどうなりますか?」答えても答えてもやってくる、むちゃくちゃだけど気になる質問たち。バイオレンスな質問も、ちょっと雑学な質問も、ほんのり切ない質問も、元NASAのウェブコミック作家の手にかかれば、みんな楽しい回答がもらえます!世界中の子どもも大人もマニアな理系もうならせたベストセラー、第2問の始まり!

目次

ヨーダ
飛行機が着陸せずに通過してしまう州
ヘリウムといっしょに落ちる
そして誰もいなくなる?
自分で受精する
高く投げる
死ぬほどのニュートリノ
スピードバンプ
迷える不死の人々
軌道速度〔ほか〕

著者等紹介

マンロー,ランドール[マンロー,ランドール] [Munroe,Randall]
かつてNASAのロボット技術者だったが、2006年にその職を辞し、フルタイムのインターネットマンガ家となる。マサチューセッツ在住

吉田三知世[ヨシダミチヨ]
京都大学理学部物理系卒業。英日・日英の翻訳業。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

63
長いあいだ「読んでる本」だったが読了。サイエンスをおもしろく。何気ない疑問に、すごい回答で答える。翻訳なので日米のジョークの勘所のちがいはあるが、「空想科学読本」と同じようなコンセプト。宇宙空間というのが、想像以上に近いことも教えてもらった。だから宇宙ステーションは高速で飛ばないといけないわけ。一番笑ったのは、太陽がいきなり消えるとどうなるか。そう書きますか(笑)。現代の本らしくウィキペディアを全部印刷するとか、フェイスブックの話題もある。マグニチュードがマイナス15の地震とは? そして読了できました。2021/12/24

五右衛門

39
読了。Q1に引き続き質問に答える形式ですが、やはり科学者的な答えというか予想しているのよりドンドン斜め上を突き進んでいく答えに終始クスってなりながら読み終わりました。でもどうなるのかな?にこうなりなす。でこうするともっとこうなります。的な。流石です。又、とんでもない質問にとんでもない答えを待ってます。2020/03/08

てでぃ

18
ふと浮かぶSFな質問に対して、斜め上を行く科学者の答え。バカ真面目に物事を考えるとここまで面白いのか!と思う。 地球は膨張し続けると、崩壊するし…太陽が無くなれば凍えてしまうし…。んなの当たり前や!と思うけれど、しっかり説明されるとなるほどと思う。笑 頭の良い人の話って面白いな。2020/10/31

デーカ

17
子どもの頃は、突拍子もない質問を思い付いては大人に尋ね、困らせていたという著者。今はネットに投稿された、突拍子もない質問に答えている。想像することもできない、極端な回答ばかりになってしまうが、気張らず読める科学本でした。2020/02/08

みき

11
ランドール・マンロー氏の回答も面白いけど、質問してる方も面白い人達なんだと思う。 頭の良い人達の知的な悪ふざけ、僕の中ではこういう認識。 こういった悪ふざけを許す土壌が素晴らしいと思う。 2021/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14647741
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。