• ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
キリンのまだら―自然界の統計現象をめぐるエッセイ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 332p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150502874
  • NDC分類 404
  • Cコード C0141

内容説明

ものが壊れてできる割れめ、ひび割れ。こういったもののできる仕組みは複雑無比だ。個々の「割れめ」がもつ、一期一会の個性的な形態の面白さに惹かれ、物体の破壊現象一般を探っていくと、自然界にあまねく広がる統計現象の不思議と、意外にも動物の体の模様との関係がほの見えてくる…稀有な文章家でもあった寺田寅彦の衣鉢を継ぐ物理学者が、味わい深い語り口で身近な自然現象の秘密を明かす物理夜話。

目次

キリンの斑模様
物質の表情
割れめについて
近路の観測
綿菓子
藤の莢
サーカスにて
鯨に銛を打つ
ブラウン運動の話
物理実験を始める人のために
病院へ見えた寺田先生
中谷宇吉郎の研究
静寂

著者等紹介

平田森三[ヒラタモリソウ]
1906年、広島県生まれ。1928年、東京大学理学部物理学科卒業。理化学研究所研究員、東京大学助教授を経て、1942年に東京大学教授となる。寺田寅彦研究室時代からの研究テーマ「割れめ」をはじめ、主に統計現象を対象とする研究で著名。日本物理学会、応用物理学会、日本物理教育学会、宇宙線観測所などの創立・発展にも尽力、日本物理学会や応用物理学会の会長もつとめた。1966年没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。