ハヤカワ文庫<br> ブラックホーク・ダウン〈上〉―アメリカ最強特殊部隊の戦闘記録

個数:

ハヤカワ文庫
ブラックホーク・ダウン〈上〉―アメリカ最強特殊部隊の戦闘記録

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 326p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150502645
  • NDC分類 391.3
  • Cコード C0131

内容説明

1993年10月3日、ソマリアの首都モガディシュに米軍特殊部隊が空挺降下。任務は国連の活動を妨げる武装組織アイディド派の幹部を拉致すること。それは一時間ほどで終わるはずだった。だがブラックホーク・ヘリが撃墜されたことで部隊は絶望的な孤立状態に陥ってしまう…兵士や現地の人々の視点から凄絶な戦闘を再現し、ポスト冷戦の一大転換点を刻印した傑作戦争ノンフィクション!超大型映画原作。

目次

第1部 空挺強襲
第2部 ブラックホーク墜落
第3部 撃破

著者等紹介

伏見威蕃[フシミイワン]
1951年生、早稲田大学商学部卒、英米文学翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥

78
1993年ソマリアで起こった事件を描いたノンフィクション。内戦が続くソマリア。国連の要請により多国籍軍が派遣される。武装勢力アイディド派の指導者逮捕という作戦のため出動した米国の特殊部隊だが、予想を上回る反撃に遭い、ヘリは撃墜され作戦は思わぬ事態に。結末とこの作戦の是非については読み終わった後で考えたい。一つ言えることは街に暮らす人々は彼らの存在をこう見ているということ。「俺たちの街にやってきて銃弾をばら撒き、死を撒き散らすこのアメリカ人どもは、いったいどういう連中なんだ?」全編に硝煙と血の匂い。2016/04/21

ぱちお

20
似たような町並のため上空から指示してもなかなか伝わらない。町中敵なのは恐ろしいだろう。圧倒的な戦闘シーンで市街戦というのが混乱の極みであることがよくわかる。2015/08/12

slider129

11
敵味方双方に正義があって戦争は始まるが、戦闘の極限状態では生き残る為には殺される前に殺すだけでしかなくなるのが常。読むだけでそういった緊迫感の真っ只中に入り込める。ただし、活字で描写されるだけに、映画と違って戦闘時の各部隊の位置関係が今一つ理解出来なかったのだが、その辺りも実際の部隊の混乱ぶりとリンクして、ある意味リアルに感じられた。2014/08/31

中島直人

6
凄い本。圧倒される。2014/03/30

okaka

5
とりあえずこの様な本がベストセラーになるアメリカと、自衛隊を派遣する度に大騒ぎになる日本との差を思ったり。2014/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/502387

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。