ハヤカワ文庫<br> 黙星録〈3〉世界が視るのは最期の夢

電子版価格 ¥712
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
黙星録〈3〉世界が視るのは最期の夢

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 482p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309541
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

ランディスヴァーゲン提督は、遂にアル・ヴェルガス全土の占領に成功。だが、死亡したと思われていたラインバック提督らは密かにβ星系へ渡り、全軍が出払っているベルゼイオン本星を急襲した。一方、ミレとキバは二重太陽系の危機を回避するための僅かな可能性を発見する。だがその実現のためには、この戦争の目的を根本から見直さねば克服しえない困難を乗り越える必要があった…。著者渾身の星間戦争史、遂に完結。

著者紹介

荻野目悠樹[オギノメユウキ]
1965年東京都生まれ。横浜市立大学商学部卒。『シインの毒』で1996年度集英社ロマン大賞を受賞してデビュー。『破剣戦鬼ジェネウ』『六人の兇王子』など退廃的にして絢爛たる異世界ファンタジイ・シリーズで人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)