ハヤカワ文庫<br> 黙星録〈1〉やがて世界が燃え尽きる

電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
黙星録〈1〉やがて世界が燃え尽きる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 439p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309442
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

二重太陽系に迫る千年に一度の大接近期。その厄災からの生き残りを賭けた二惑星の星間戦争は、膠着時代にあった。ベルゼイオン軍の新総司令官ランディスヴァーゲン提督は、和平協定のため敵地アル・ヴェルガス星系を目指す。突然提督の護衛を拝命したカーシュナーは天才提督の奇矯な振る舞いに翻弄され、そして意外な女性と再会する…。『双星記』『デス・タイガー・ライジング』に続く壮大な星間戦争史の完結篇始動。

著者等紹介

荻野目悠樹[オギノメユウキ]
1965年東京都生まれ。横浜市立大学商学部卒。『シインの毒』で1996年度集英社ロマン大賞を受賞してデビュー。『破剣戦鬼ジェネウ』『六人の兇王子』など退廃的にして絢爛たる異世界ファンタジイ・シリーズで人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へいがぁ

1
大河シリーズの完結にあたる三部作の一巻目。最終的にどのように「夏」に対処していくのでしょうか。次巻に取りかかります。2015/11/21

イリス

0
前作を読んでいないのでまったくつかめない。前作をどこかで入手しなきゃ駄目ですね。2013/02/16

0
L2010/01/22

キーツ(Nob Arakawa)

0
田中芳樹の劣化コピー?からは脱却できたような気もするが荻野目流とでも言うべき得意パターンは見つけられない感じ。見かけ時に財布に余裕があれば購入するが新刊を追いかけるほどではない作家さんのカテゴリだなぁ。

ユイ

0
こういうタイプのSF読むとどうしても銀英伝と比べてしまいます。故に優秀な提督に違和感があったり(笑)2012/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/504669

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。